せどりの月収と月商の違い。売上いくらで月収100万円?

月商

せどりを含めた副業を始めようと考えたとき

  • あと月5万円欲しい
  • 副業で月収10万円欲しい
  • 本業と同じくらい30万円くらい稼ぎたい

など、月にいくら稼ぎたいかを目標にして始めます。

ふうげつの元へ来られる方も月○○万円稼ぎたいとほとんどの方が言ってこられます。

 

しかし、ブログやメルマガで情報発信してる人たちは

  • 月商300万円せどらー
  • 月商1000万円達成
  • 年商1億円せどらー

など大多数が売上をアピールしてます。

 

始めるときは利益目標だったのが

情報発信をするようになったら売上アピール

  • いつ目標が変わったのか?
  • いったいどれだけ利益を出してるのか?

この部分は気になるところですよね。

 

 

せどりの月商と月収は何が違う?

せどりの月商とは

せどりの月商とは多くはアマゾンの売り上げを指します。

※この記事ではアマゾン販売だけとして検証します。

uriage

一番わかりやすいのはこれですね。

この場合は月商700万円せどらーです。

 

しかしこれではいったいいくら利益を出してるか分かりません。

赤字かもしれませんし、利益が300万円あるかもしれません。

極端な話1000万円の仕入れをすれば売上1000万円は簡単に作れますので、売上アピールをするのはブランディングの一環としては効果的ですね。

 

せどりの月収とは

せどりで月収とは情報発信者によってパターンが分かれますが多くの場合は

入金ベースで仕入れ分を引くパターンです。

粗利益と呼ばれる部分です。

 

売上-アマゾン手数料=入金額

入金額-仕入れ=粗利益

だいたいせどりで月収〇〇万円はこのパターンです。

ふうげつの月収300万円もこのパターンです。

 

 

しかしこの仕入れと言うのが紛らわしくて売った商品の仕入額か、当月の仕入額かで変わってきます。

どちらが正しくてどちらが間違ってるわけではないので余計にややこしいです。

実際に大事なのはいくら利益が残ったかなのでそれをしっかり管理できていればいいでしょう、

 

月収と月商、どちらを目標にしたらいいのか?

これは目標によって違うので一概に言えませんが、

  • 個人なら月収
  • 法人なら月商

でいいです。

 

個人のまま年商1億円目指してる人もいるかもしれませんがなんのメリットもありません。

年間利益で500万から800万円を超えると個人の場合は税金面で不利になるので法人化したほうがいいです。

この部分はまた別の問題なので法人化についてはこちらの記事に書いています。

せどりの税金 せどりで儲かったら法人化(法人成り)するタイミング

 

どちらを目標にしたらいいかは

純利益で500~800万円までなら月収目標

それ以上稼ぎたいなら売上目標

がいいですね。

 

物販で売上を上げるためには

  • 販売数を増やす
  • 売価を上げる

どちらかをする必要があります。

売上を増やすことで利益率が低くても目標の利益を確保することが容易になります。

売上を増やす副産物で融資をより多く受けやすくなります。

 

資金が増えれば売上を上げやすくなる

売上を増やせば残る利益が増える

残る利益が増えればさらに売上を上げやすくなる

売上が増えれば融資も受けやすくなる

融資を受ければ仕入れ資金が一気に増えるのでさらに売上を上げやすくなる

と好循環の流れになります。

 

せどりでどこまで目指すか一度考えてみましょう。

 

せどりで月収100万円目指すなら売上はいくら必要か

月収から売り上げを求めるためには利益率が必要になります。

一般的な小売業、物販業はおおよそ利益率15~20%くらいなので利益率20%で計算してみましょう

 

月収100万円を利益率20%で達成するために必要な売上

※アマゾン販売やFBAにかかる手数料を20%で試算

 

売上-アマゾン手数料-仕入れ=利益

利益/売上=利益率

なので

売上500万円

利益率20%で利益100万円です。

 

せどりの月収と月商のまとめ

せどりで月商1000万円!

せどりで月収200万円!

どちらがインパクトありますか?

 

月商1000万円利益率20%ならどちらも同じです。

しかし数字が大きいほうがインパクトがあるので情報を伝える場合の多くは売上をアピールします。

それと事業の評価は売上なので、売上を目標にすることは普通のことなのです。

しかし利益率は低いより高いほうがいいです。

利益率20%なら月収100万円稼ぐのに500万円の売上が必要になります。

 

しかし利益率40%あれば売上250万円で月収100万円が達成できます。

単純に売上500万円と売上250万円を比較した場合

半分の売上で済むということは仕入れも作業量も半分といかなくても少なくなるのは容易に想像つくでしょう。

 

月商でも月収でも目標を立てて取り組むことで今すべきことが分かってきます。

目標からするべきことを逆算しましょう。


LINE@はじめました.
こちらからでも相談受け付けています。
気軽に友達申請して下さい。
友だち追加数

せどりもついに不労所得へ おもちゃ投資LINEグループ

おもちゃ投資3

ポイントだけで生活できたら凄くないですか?

ポイントリッチ

自動でヤフーショッピングに出品

amayahu0
こんさる
めるまが
ちゅうごく

このページの先頭へ