せどりの準備 仕入れ準備編

準備と言っても普段使っているスマートフォンに

せどりで使うアプリ(ツール)などをインストールして

仕入れのサポートをしてもらうだけです。

 

これがあるのとないのとでは車と徒歩くらいの違いがあります。

 

基本、仕入れにはスマートフォンを使います。

 

店頭で販売されている商品の価格とアマゾンで販売されている

格の差額を見て利益が出る商品なのかどうかを

確認するために使用します。

 

商品のサーチと価格差を確認するために使うので

タブレット端末でも使えますが

ボクにはタブレットを使うメリットが見いだせないので

ここではスマホを推奨させていただきます。

 

iphoneでもアンドロイドスマホのどちらでも構いません。

 

 

ツールの準備

商品のサーチを効果的に行うためにアプリストアから

 

iphoneなら せどりすと

androidなら せどろいど

というアプリをダウンロードして下さい。

 

無料アプリですがとても使いやすく

一度使うと手放せなくなります。

 

検索の仕方

せどりすと(せどろいど)を使い

スマホのカメラでバーコードを

読み取って使うのですが、

もっと作業効率を上げたい場合は

バーコードリーダー(通称:ビーム)を使用します。

 

ブックオフ仕入れやゲーム仕入れなどをするなら

ビームは必須アイテムでしょう。

 

あるとないのではバイクと自転車くらい

サーチ速度が違うと思います。

 

家電量販店などで仕入れる場合なら

電動自転車とママチャリくらいの差しかないかもしれませんが、

せどり=ビームってイメージされるくらい使用者が多いのは

それだけ便利だということです。

 

ボクは使ってませんけどねw

このへんはまた記事にします。

 

せどりを始めると分かることですが

店舗で仕入れしてると結構手打ちで入力する機会が多いので

アマゾンアプリ

モノレートもスマホに入れとくといいです。

けっこう使います。

 

最初のうちは商品を覚える意味でも

スマホのカメラでサーチする事をオススメします。

ビームでサーチしてると店員に

目を付けられたり注意されたりする可能性が少なからずありますが、

スマホでサーチしていても注意されることはないです。

(ボクは一度も注意されたことがありません)

 

最初はサーチしてるとなんとなく周囲の目が気になりますが、

悪いことをしてるわけではないので気にする必要はないですよw

 

お店の商品は丁寧に扱いましょう\_(・ω・`)ココ重要!

一般の購入者に比べてせどりをしてる人が商品に触れる回数は

ダントツに多いです。

 

お店側も商品を触りまくってスマホで

長時間なにかをしているのを見ると警戒することもあると思います。

 

せどりをしているんだと気付いているお店もあるでしょう。

 

せどりをしてるかもしれない人を見つけた時に

商品を乱雑に扱っていたらどうでしょうか?

お店側から注意を受けるかもしれませんし、

転売対策で1商品1個までしか購入できなくなるかもしれません。

 

実際にゲームソフトはそのような対策を行なっている

大手家電量販店もあります。

 

自分さえよければいいという利己的な考え方はせず、

商品はお店の大事な資産だ

一般のお客さんの邪魔にならないように

最低限の配慮はしたほうがせどらー全体の活動のしやすさに繋がります。

 

以前、遠征で立ち寄った店舗で一部の棚の商品が

すべてバーコードの面を向いていました。

マナー悪いなと思いながら商品を戻したことがあります。

 

本来お店側からしたら商品をたくさん買ってくれる

良いお客さんのはずのせどらーがお店側から煙たがれるのには

理由があるということを忘れないでください。

 

 

 

あとはお店に行って

店頭価格とアマゾンの販売価格に差額がある商品を見つけるだけ。

 

こればっかりは慣れるというか経験を積むしかないです。

 

経験を積むことで、

利益が出そうな商品がパッと見で分かることも増えてきます。

 

こうなると仕入れが労働から宝探しに変わり

仕入れに行くのが楽しくなると思います。


LINE@はじめました.
こちらからでも相談受け付けています。
気軽に友達申請して下さい。
友だち追加数

投資型おもちゃせどり店舗仕入れリスト販売してます。

risuto1

せどりもついに不労所得へ おもちゃ投資LINEグループ

おもちゃ投資3

日本で一番詳しいポイントノウハウ

ポイントリッチ

自動でヤフーショッピングに出品

amayahu0
こんさる
めるまが
ちゅうごく

このページの先頭へ