BUYMA(バイマ)何を出品すればいいの?!

[char no=”1″ char=”ふうげつ”]バイマのはじめ方は分かったけど何を売ったらええの?[/char]
[char no=”4″ char=”まさし”]せどりと違って仕入れをしなくていいので出品は簡単なんです。[/char]
[char no=”1″ char=”ふうげつ”]じゃ適当にブランド物出品しとけばいいってこと?[/char]
[char no=”2″ char=”まさし”]適当でもいいですが売れない物を出品しても意味がないので売れやすい商品をチョイスする必要はあります。[/char]
[char no=”5″ char=”まさし”]ふくちゃんに出品する商品の選び方を説明してもらいますね。[/char]
[char no=”9″ char=”ふくちゃん”]お任せください![/char]
[char no=”8″ char=”ふくちゃん”]あ!バイマについてよくわかってない方は先に下の記事を読んでおいてくださいね。[/char]

バイマの仕組みやはじめ方

BUYMA(バイマ)とは?無在庫販売が認められたプラットフォーム

BUYMA(バイマ)の始め方!初心者でも簡単に稼ぐ。

BUYMA(バイマ)の大失敗、ショッパー・バイヤーあるある

BUYMA(バイマ)に悪い評判?! 現役ショッパーが裏側を語る!

[char no=”10″ char=”ふくちゃん”]それでは出品について説明します。[/char]

パーソナルショッパー登録を済ませて、あとは実践のみのあなた!

次の作業は何かわかりますか?

そう、バイマで一番大事な「出品」作業です。

まだ空っぽのあなたのお店に商品を並べていくのがこの出品作業。

 

ここでバイマの最大の特徴、「無在庫販売」を思い出してくださいね。

 

バイマではリアルなショップや普通のオンラインショップのように在庫をもって販売する必要がありません。

注文が入ってから買い付けを行えばいい上、出品するだけなら手数料も全くかかりません。

 

つまり、あなたのショップにタダで商品が並べ放題!ということ。

 

実際は上限5000品までと決まってはいますが、まったくリスクなく世界中のあらゆるブランド品を自由に出品することができます。

目次

あなたならBUYMA(バイマ)で何を出品しますか?

ファッションに精通した人なら、

「●●ブランドのあの新作バッグはまだ日本に入って来ていないし、あの有名人も持っていたからねらい目かも。。」

なんてすぐにいろんな商品が頭に浮かんでくるかもしれませんね。

 

ちょっとビビったあなた、、安心してください! 実際バイマを始める人でそこまでファッションに精通した人なんてほとんどいません(笑)

 

それにファッションに精通しているからと言って必ずしもバイマで売り上げを伸ばせるってわけでもありません(‘ω’)

 

じゃあ数あるブランドアイテムからまずどんな商品を出品していけばいいでしょうか?

一緒に考えていきましょう!

BUYMA(バイマ)で出品する商品を選ぶ前に!

何を選んだらいいのか全く分からない!という人のために。。。。

出品商品を探し始める前に以下のことを頭の片隅に置いておくと選択のヒントとなりますよ(^^)

  • まずあまり悩み過ぎない(笑)
  • 日本人はブランドロゴ入りが好き
  • 「有名人ご愛用」も大好き
  • 出品しやすそうなアイテム。。にご用心

一つずつ説明しますね。

まずあまり悩み過ぎない(笑)

売れる商品を探すために様々な「リサーチ方法」が出回っていますが、これにこだわりすぎるといつまでたっても出品商品が決まらない危険があります(^-^;

リサーチってとても時間がかかってエンドレスの作業になってしまうので、ある程度まで絞り込んだらあとはもう勢いで決めてしまいましょう(^^)

バイマではいくら出品してもタダ! 悩みすぎて無駄に時間を消費するよりか、最初のうちは慣れるためにどんどん出品していったほうが得策です。

数をこなしていると見えてくるものもたくさんあります。 まずは「習うより慣れろ!」をお勧めします。

日本人はブランドロゴ入りが好き

私はイタリアに住んでいるので、時々日本に帰ると実感します。

「日本人はやっぱりブランド好きだ」と。

日本では街を歩いていると若者から年配の方まで誰もがブランド品を身につけている光景を目にしますよね。

イタリアではそんな光景を目にすることはありません。

 

平均生活水準が日本より低くて貧富の差が激しいので、慎ましく生きている人には買えるものではないし、買う気もない。

その分お金持ちはすごいですけどねー。 ま、今の日本もそうなりつつある感じですが。。

 

とにかくブランド品は一部のお金持ちの独占物のようなイメージです。

 

でも日本は失業率も低いし、生活水準も高いのでがんばれば結構だれでもなんとかブランド品が買える。

 

“がんばって”買ったブランド品だから、みんなに何気に自慢したいんですね~。

 

というわけでばっちりブランドロゴの入ったアイテムを好む人が多い。

でなきゃ誰にも気づいてもらえないという悲劇が起こる可能性がありますからね(笑)

「有名人ご愛用」が大好き

「女優の▲▲さんがTV番組で来ていたセーター」とか「有名人◆◆さん愛用のバッグ」とか

そういうのも日本人は大好きです。

 

ブランド品だけじゃなくて、食品とかでもTVで紹介されたらスーパーからその商品が一気になくなるっていう現象、日本だと結構よく起こりますよね(*’ω’*)

 

安室ちゃんがとある有名TV番組で着ていたグッチだかフェンディだかのトップスは放映翌日から争奪戦みたいになって、イタリア店舗の店員さんも突然の一点集中お問い合わせに何事かと驚いてました(^-^;

 

私はそういうお話にはめっぽう疎いのですが、ある時急にとあるブランドの、とあるバッグだけがボンボン売れて、いったいどうしたことかと思っていたらタレントの滝沢眞規子さんがインスタグラムにアップしたバッグでした(*’▽’)

 

テレビや雑誌、インスタグラムなどでよくファッションチェックをする人はその情報をヒントにしてみるのもいいかもしれませんね。

出品しやすそうなアイテム。。にご用心

最初の出品商品を探す時にたいていの人が考えるのが、

「あまり高すぎる商品は何となく怖いから比較的安めのもの!」

「靴や服はサイズのバリエーションがあって面倒臭そう!」

ってことで財布やバッグなどを選びがち。

 

でもこんな単純な理由で財布やバッグを選ぶのはちょっと危険です。

ワンサイズで仕入れ値が3万円ぐらいまでの商品って、あなたが考えたように販売しやすいんです。

だからある程度資金力のある先輩の金持ちショッパーさんたちが「無在庫販売」じゃなくて「有在庫販売」として安くまとめ買いして、安―く販売している可能性あり!

 

そんな先輩ショッパーさん達にはとうてい太刀打ちできないので、わざわざそんな市場に乗り込む無駄は避けておいた方がいいですね。

とは言っても財布やバッグに可能性がないわけではありませんよ♪

怖~い先輩ショッパーさん達がいるということを頭に入れて、例えば財布と決めたらその商品を他のショッパーさんがいくらぐらいで売っているのかリサーチしてから判断しましょう。

いざ、BUYMA(バイマ)で出品する商品を決める!

  1. ブランドを決める
  2. 商品を決め、買い付け先を見つける
  3. 販売価格を算出する
  4. ライバルの出品をチェック

ざっとこんな流れで決めていきます。

一つずつ詳しく見ていきますね。

くれぐれも「商品を選ぶ前に」で説明したことを頭に入れて、あまり深く考えずについて来てくださいね。

1.ブランドを決める

ブランドを全然知らない人にとっては雲をつかむような作業かもしれないので、どんなブランドの中から選べばいいのか参考までにバイマ内のページを見てみましょう。。。

バイマはショッパーが出品しやすいように様々な情報を提供してくれています。

その中の一つ。。

↑ログインした状態からバイマのトップページへ行き、右上の自分のニックネームへカーソルを持っていくと、一番上に「MYページTOP」という項目が表示されます。 そこをクリック。

たどり着いたページを下にスクロールしていくと↓このような表があります。

私はイタリア在住なのでイタリア在住のショッパーがどんなブランドを扱っているかを知ることができます。

日本在住であれば日本在住ショッパーの情報が表示されます。

右の表は「狙い目ブランドランキング」で50位まで表示されているのでこの中からまずは一つ選んでみましょう。

2.商品を決める

扱うブランドが決まったら、そのブランドの公式サイトをチェック。

たいていの場合日本語の公式サイトもあるので英語が苦手なら日本のサイトでOK。

 

少しブランド知識を入れるために、何となくでいいのでどんな商品があるのかチェックしながら、商品カテゴリーを決めていきます。

服?シューズ?アクセサリー?バッグ?。。。。

 

カテゴリーが決まったらようやく具体的に商品を選んでいきましょう。

 

ただここで買い付け先も頭に入れながら選んでいく必要があります。

商品を選んでも仕入れられなければ意味がありませんからね。 当然ですが。。

 

たっくさんの方法がありますが、ここでは超初心者、しかも英語は苦手、という人のために

一番簡単な方法を紹介します。

知る人ぞ知るイギリス発の通販サイト「Farfetch(ファーフェッチ)」

こちらのサイトを仕入れ先にしてみましょう。

 

とっても便利かつ信頼できるサイトで、世界中の高級ブランドが現地価格で、しかも日本語で簡単に購入できます。

 

海外から購入する際にかかる関税なども心配する必要なし。

提示価格は関税込みで、日本のサイトで普通にショッピングする感覚で購入できます。

 

そのトップページがこちら↓

↑例えば「グッチのレディースシューズ」を出品すると決めたら、右上の検索窓から検索してみましょう。

 

※ファーフェッチで販売していないブランドもありますので、検索して見つからない場合は違うブランドを選んでください。

 

ページ左上を見てみると赤字で「セール」とありますから、ブランドやカテゴリーを最初に決めずに、直接セール商品の中から商品を選ぶのもありです。

あとはもう直感で売れそうな商品を一つ選んでくださいね(*‘∀‘)

3.販売価格を算出する

私はファーフェッチの商品の中から↓こんなグッチ感満載のスニーカーを選んでみました(笑)

日本円で79,920円。 これが商品仕入れ価格となります。

ここからバイマでの販売価格を設定します。

 

まず商品仕入れ価格以外の諸経費を考えていきましょう。

ファーフェッチで仕入れた場合は、関税・国際送料込みなので、残りの経費は

  • お客様への国内送料
  • バイマへの手数料(基本的に販売価格の7.56%)
  • 必要な場合は梱包費

そこに

  • 自分が取りたい利益

 

を追加した値段がバイマでのあなたの販売価格となります。

実際に計算してみますね。


商品代金(関税・国際送料込み)79,920円

お客様への送料 約2,000円 ←事前に大体の送料を確認しておきましょう。

バイマへの手数料 約7,300円 ←通常は販売価格の7.56%

梱包費 約500円 ←段ボールがつぶれていたので交換、等

利益 7,000円 ←ライバルショッパーの価格にもよりますが最初は5,000~10,000円ぐらいで

合計 96,720円


中途半端な金額だと見栄えが悪いので、端数を切り捨てて販売金額は96,700円に決定!

4.ライバルの出品をチェック✔

さあ、出品商品も価格も決まったのでこのまま出品ページを作成することもできます。

でもその前に! この商品が本当にバイマで売れるのかどうか、ライバルショッパーたちはいくらぐらいで出品しているのか、軽くリサーチしてみましょう。

 

↓もう一度ファーフェッチの商品ページに戻ります。

↑ページを下へスクロールすると「商品詳細」ページに商品番号を見つけることができます。

↓これをバイマの検索窓にコピぺ。。

検索結果がこちら↓

該当件数36件。 この4つの出品の下にもいろんな価格帯で出品されています。

 

今回は「人気順」に並べて表示するようにしてありますが、「新着順」や「価格が安い順」等々での表示も選べます。

 

単純に価格だけ見て比べたくなりますが、バイマの買い付け先は海外であることが多いので、表示価格には関税が含まれていないことがほとんど。

 

今回のようにファーフェッチで関税込みの値段で買い付け予定の場合は、出品価格もその分高くなってしまいますが、「関税負担なし」と表示できるのはかなりのアピールとなります。

 

関税って事前に正確な金額を知ることができないので、購入者にとってはとても不安なんです。

革シューズなんかは関税が30%近くかかるので決して安くないですからね。

だから少々高くても「関税負担なし」の商品を選ぶ購入者もたくさんいます。

 

ちなみにこの商品で一番高い出品価格は140,000円でした。

 

↓次に同じ商品の出品の中からいくつか選んで出品ページの内容を見てみます。

↑海外在住の場合、購入者としての注文の仕方が変わるので、あなたに表示されるものとは少し体裁が違うかもしれませんが、今見たい赤枠の部分は変わらないので気にしないでくださいね。

 

ポイントは特に「アクセス」数「ほしいもの登録」数

一般的にはこれが多いほど人気がある商品だと言えます。

 

アクセス数が100以上ある商品ならまあそこそこ注目されている商品と言えるので商品の選択自体は間違っていなかったと言えます。

 

商品画像上の「お問い合わせ」をクリックするとこのショッパーにお問い合わせをした購入者とショッパー間のやり取りを見ることができます。

 

この商品ページでは「0」となっていますのでお問い合わせは一件も入っていないようです。

それほど重要ではありませんがお問い合わせが多い方がやはり注目の高い商品と言えるでしょう。

 

公開の「お問い合わせ」ページは今後のお客様とのやり取りの参考にもなりますので、見るだけでもためになりますよ。(悪い参考例となる場合もあるので注意!)

 

このようにしていくつか出品ページを見ていくと、何となくその商品の注目度や平均価格がわかってくるので、全く注目度ゼロ、とか自分の設定価格があまりにもライバルより高くなってしまうという場合は、その商品の出品はあきらめ、次の商品を探してみましょう。

まとめ

一品目の商品選びは少し苦労するかもしれませんが、一品目が決まったら、二品目からも同じブランドの同じカテゴリーでどんどん出品していってみましょう。

 

全品リサーチをする必要はありません。

注目度の高い商品を見つけたら、それに似た商品はリサーチせずにそのまま出品していってもいいと思います。

 

最初のうちは売れそう?売れなさそう?をあまり気にせず、出品作業に慣れるためと思って量をこなしていきましょう。

一定期間一つのブランドに集中して出品して行くうちに、そのブランドのいろんなことがわかるようになってきます。

 

それから季節感のあるものは出品時期に気を付けましょうね。

春には夏に向けての商品を、夏の終わりには冬に向けた商品を、と季節に先駆けて出品できるといいですね。

 

今回ご紹介したイギリスの通販サイト「ファーフェッチ」はバイマショッパーの手軽な仕入れ先として定番となっています。

さらに安く仕入れて、ライバルショッパーと差をつけるためには他にも仕入れルートを開拓していく必要がありますが、まずはここから始めて感覚を掴んでいってみてくださいね。

 

※注意!

日本人向けに日本語で販売されている国内通販サイトの一部は買い付け先として禁止されています。 買い付け禁止サイトのリストは随時更新されるので、時々チェックしておきましょう!

↓↓↓

https://qa.buyma.com/shopper/prohibited-item/4007.html#01

[char no=”10″ char=”ふくちゃん”]出品については以上です。[/char]
[char no=”5″ char=”まさし”]ふくちゃんありがとう
ふうげつさん出品について分かりました?[/char]
[char no=”1″ char=”ふうげつ”]そんなに考えなくていいってことが分かりましたw[/char]
[char no=”12″ char=”まさし”]考えなくてもいいって言ってもちゃんと計算しないとダメですよ。
せっかく売れたのに赤字になったら悲しいですからね。[/char]
[char no=”7″ char=”ふくちゃん”]私も赤字になったことありますがホント悲しいです。[/char]
[char no=”11″ char=”ふくちゃん”]でも売れたときは嬉しいです♪[/char]
[char no=”1″ char=”ふうげつ”]ほーほー、そーいえば売れたらどうするん?[/char]
[char no=”4″ char=”まさし”]売れたらもちろん商品を発送します。
それでは次回は「商品が売れたら」について説明しますね。[/char]

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる