2020年8月からMarriot Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)のステータスマッチが始まりました。

マリオット・ボンヴォイは、世界最大のホテルチェーングループであるマリオット系列の会員プログラムのことです。

このマリオット・ボンヴォイをはじめ、ヒルトン・IHG・ハイアット・アコーといった高級ホテルグループには「エリート会員」という制度があり、エリート会員になると部屋のアップグレードや朝食サービスなどの優待を受けることができます。

そしてステータスマッチとは、「マリオット系列以外のエリート会員資格を持っているなら、マリオットのエリート会員資格もお試しできますよ」というキャンペーンです。

マリオットの「プラチナエリート」という会員資格は、通常は年に50泊しないともらえないのですが、ステータスマッチを使えばすぐにこのプラチナエリートを90日間試すこともできます。

海外旅行をする人や、高級ホテルによく宿泊する人は必ずチェックしておくべきお得な内容となっています。

というわけで、この記事ではマリオット・ボンヴォイのステータスマッチについて解説をしていきたいと思います。

どのホテルグループの会員でもない人がこれから資格を取得するためのおすすめの方法もまとめていますので、興味ある方はぜひ読んでみてください。

 

Marriot Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)ステータスマッチとは

マリオット・ボンヴォイのステータスマッチについて詳細を解説していきます。

 

ステータスマッチの概要

ステータスマッチについて簡単に説明すると、

  • ヒルトンなど他のホテル系列のステータスを持っていて、
  • マリオット・ボンヴォイの該当ステータスを持っていない場合に、
  • 他ホテルのステータスに相当するマリオットのステータスを試すことができる

というキャンペーンです。

2020年8月にステータスマッチキャンペーンがスタートしましたが、終了期間は今のところアナウンスされていません。

 

ステータスマッチで得られるマリオット・ボンヴォイのエリート会員の種類

ステータスマッチで得られるマリオットのエリート会員は、

  • ゴールドエリート
  • プラチナエリート

の2つです。

こちらがマリオット・ボンヴォイのエリート会員の特典一覧です。赤枠で囲んだところがゴールドおよびプラチナです。

 

ゴールドエリート会員になることで、ポイントボーナス、レイトチェックアウト、客室アップグレードなどの特典がつくようになります。

プラチナエリート会員では、ポイントボーナスやレイトチェックアウトがさらにグレードアップし、朝食特典やラウンジへのアクセス、年間チョイス特典も追加されます。

通常、ゴールドエリート会員になるには年間25泊、プラチナエリート会員になるには年間50泊が必要ですが、ステータスマッチならすぐにエリート会員になれます。

 

ただし、マリオットのゴールド会員はSPGアメックスカードを作れば付与されるので、わざわざステータスマッチをする旨味はありません。

SPGアメックスカードは年会費が税込34,100円とちょっと高いですが、特典がすごすぎて余裕でペイできます。詳しくは以下の記事に書いていますので読んでみてください。

【おすすめ】SPGアメックスカードの特典や注意点を解説します

というわけで、ステータスマッチをするのであれば、ゴールドエリートではなく「プラチナエリート」を狙いましょう。

 

ステータスマッチ対象となる他社ステータス

マリオット・ボンヴォイのエリート会員にステータスマッチできるのは、ヒルトン、ハイアット、IHG、アコーの4つのホテルグループになります。

マリオットのプラチナにステータスマッチできる他ホテルチェーンのステータスは以下の通りです。

  • ヒルトン:ゴールド、ダイヤモンド
  • ハイアット:グローバリスト
  • IHG:プラチナ、スパイヤ
  • アコー:プラチナ以上

 

続いて、マリオットのゴールドにステータスマッチできるステータスは以下の通りです。

  • ハイアット:エクスプロリスト
  • アコー:ゴールド

さっきも書きましたが、ゴールドへのステータスマッチはあまりおすすめではありません。

 

補足:どのステータスも持ってない場合におすすめのステータス

まだどのホテルのステータスも持っていないけど、これからステータスをとっていきたいと考えている場合は、以下の2つの取得がおすすめです。

  • ヒルトン・ゴールド
  • IHG・プラチナ

ホテルのエリートステータスは、基本的には「そのホテルグループで年間何十泊以上」しないともらえないのですが、ヒルトン・ゴールドとIHG・プラチナはお金を払えば取得することができるので簡単です。

 

ヒルトン・ゴールドの場合、アメックスプラチナというクレジットカードを作れば特典として会員資格がついてきます。

年会費が143,000円と高額ではあるものの、キャンペーンがかなりお得で、ヒルトン・ゴールド意外にも様々な特典がついてくるし、レストランやホテルの手配などを含めプラチナデスクを秘書のように使い倒せば全然安いもんです。

以下の記事に詳しく解説していますので、読んでみてください。

アメックスプラチナカードのインビテーションが来たので申し込んだ

 

もうひとつのIHG・プラチナは、年会費200ドルを支払ってIHGグループの「インターコンチネンタルアンバサダー」というプログラムに参加すれば取得できます。

1滞在あたり20ドルのクレジットがもらえるなど、200ドルの年会費は余裕で回収できるような特典が受けられます。

 

どちらも、しっかり特典を使うならコストパフォーマンスはとても良いです。

高級ホテルチェーンの宿泊に興味があるなら、ぜひ検討してみてください。

 

ステータスマッチの有効期限

ステータスマッチは、申請が受領されてから90日間限定でマリオット・ボンヴォイのプラチナもしくはゴールドをお試しできます。

ただし、このステータスマッチ期間の90日の間に、

  • ゴールド:5泊以上
  • プラチナ:15泊以上

の条件を満たせば、2022年2月までステータスを維持することが可能となっています。

ややハードルは高いですが、GoToキャンペーンなどと併用すればかなりお得にエリートステータスの獲得ができるので、挑戦する価値はあると思います。

 

Marriot Bonvoy(マリオット・ボンヴォイ)ステータスマッチの申請方法

マリオット・ボンヴォイのステータスマッチの申請方法を紹介します。

まずは以下のページにアクセスしてください。

マリオット・ボンヴォイの会員登録が済んでない場合は、まずは会員登録が必要です。

 

会員登録がすんだら、以下のフォームに必要事項を入力していきます。

まずステータスマッチ元のホテルグループと、ステータスを選択します。

 

例えば、ヒルトンのゴールドからマリオット・ボンヴォイのプラチナへステータスマッチする場合は以下のように選択します。

 

次にステータスマッチ元の会員情報のスクリーンショットと、過去12ヶ月間の宿泊実績のスクリーンショットをアップロードします。

 

チェックボックスにチェックをしてから「REGISTER」をクリックすれば申請は終了です。

審査期間は10営業日で、申請が通ったら24時間〜48時間以内にマリオット・ボンヴォイの会員ステータスが反映されます。

 

ステータスマッチ申請の上での注意点

ステータスマッチを申請する前に、以下の点について注意してください。

  • ステータスマッチは一回しか申請できない
  • 宿泊実績がないと審査が通らないと推定される
  • 現状ではいつステータスマッチキャンペーンが終了するか不明

ステータスマッチは、一度申請が通ってステータスが付与されれば、もう一度申請することはできなくなります。例えば90日間で15泊してプラチナを維持しようと考えている場合は、15泊するスケジュールを建てた上で申請した方が良いです。

また、ステータスマッチ元のホテルグループでの宿泊実績がないと申請には通らないと推定されます。ツイッターなどを見ると宿泊実績が一泊でも通った人はいるようなので、最低でも一泊してからステータスマッチを申請した方が無難です。

あとは、ステータスマッチがいつ終わるのか今のところ決まっていない点も注意です。特にステータス延長獲得を狙うのであれば、なるべく早めに検討を開始しましょう。

 

まとめ

今回はマリオット・ボンヴォイのステータスマッチについて解説をしました。

ステータスマッチは本当にお得なキャンペーンなので、興味がある人にとっては、今がものすごいチャンスです。

さらに2021年1月まではGoToキャンペーンも併用できますので、エリート会員の取得・継続維持を狙うなら本当に有利になっています。

ホテル業界はコロナ禍によって苦境に立たされていて、他のホテルグループの優良顧客をなんとかして取り込みたいと考えてのキャンペーンだと予想されます。せっかくなので、お得なキャンペーンに乗っかるのが良いと思います。

高級ホテルチェーンに興味がある人は、ぜひ検討してみてください。