【嘘は厳禁】Amazonの返品理由や条件・確認方法について徹底解説

ゆうきのアイコン画像ゆうき

Amazonに出品した商品が返品された…。
具体的な返品理由が分からないけど確認する方法はない?

せどりに取り組んでいると、Amazonで出品した商品が購入したユーザーから返品されるケースも少なくありません。

特にAmazonで商品を販売する経験がない初心者は、返品後の対応に困ってしまうでしょう。「商品に欠陥があったのだろうか…。」「自分が何かミスをしてしまったのだろうか…。」といったネガティブな思考にもなりがちです。

とはいえ、Amazonでは商品が返品された理由をきちんと確認する方法があります。返品理由に応じた対応が取れれば、消費者から見た出品者の評価も大きく変化するでしょう。

そこで今回は、Amazonで販売した商品の返品理由や返品・交換条件、返品理由の確認方法などについて紹介していきます!

この記事を書いた人

ふうげつ(@sedori_fugetsu

せどりで稼いでいきたい方必見!

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

僕の公式ラインでは、せどりで稼ぐためのノウハウや仕入れに役立つお得情報を限定配信しています!ここでしか見れない情報が盛り沢山なので、ぜひ覗いてみてください!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする

目次

Amazonの商品における返品理由一覧

そもそも、Amazonで販売した商品はどのような理由で返品されるのでしょうか。

結論として、Amazonで商品返品を行う場合は以下の項目から消費者が選択できます。

Amazonで販売した商品の主な返品理由

  • 間違えて注文した
  • Amazon以外でより安い商品を見つけた
  • 性能や品質が良くない
  • 手持ちのアイテムとの互換性がない
  • 商品がしっかりと梱包されていなかった
  • お届け予定日までに届かなかった
  • 付属品や特典が不足している
  • 商品に配送中にできた目立った傷や損傷がある
  • 注文した商品とは違う商品が届いた
  • 商品に不具合または損傷がある
  • 注文していない商品が余分に入っていた
  • 都合により必要がなくなった
  • 注文した覚えがない
  • サイト上の説明と違った

返品理由の項目一覧を見ると分かりますが、Amazonはユーザーファーストなサービスの提供を目指しています。そのため、ユーザーが少しでも商品に対して不満を抱えたら返品されてしまう可能性もあるでしょう。

ふうげつもせどりを行う中で、数々の返品対応を経験しました。

商品によって様々な返品理由が挙げられますが、消費者が感じたことが理由に反映されるため、出品者である我々は素直に受け止めなければなりません。

とはいえ、ユーザーファーストの側面を悪用し、悪質な返品を繰り返すユーザーも若干存在するため、商品を出品する前に商品状態を写真に収めるなどの対策が必要です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

できる限り商品は返品されないように、出品する流れを見直し改善を図りましょう!

Amazonの主な返品・交換条件とは?

ユーザーファーストなサービス提供が魅力のAmazonですが、返品および交換にどのような条件があるのでしょうか。

  • 返品・交換条件
  • 全額返金となる返品理由と条件
  • FBAでの返品理由と対応
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

上記にある3つの観点からみていきましょう。

返品・交換条件

Amazonでは、基本的に到着から30日以内の商品に関しては返品・交換対象としています。

商品が到着後30日以内に返品申請と対象物の発送を完了してください。なお、出品者が販売し、Amazon.co.jpが発送する商品については、交換を承っておりません。

Amazon.co.jpが発送する商品の返品・交換の条件

ただし、出品者が販売する中でAmazon.co.jpが発送する商品に限っては交換不可。30日を経過した商品に関しては、たとえどんな理由があったとしても返品や交換は行えません。

なお、FBAでの返品もAmazonと同様の条件が規定されています。FBAでの返品では、状態によって再販売可能か不可能かもセットで知らされるので、商品の状態に応じてその後の対応が異なります。

全額返金となる返金理由の条件

Amazonで購入された商品を返品する際に返金対応を行いますが、商品の状態などによって返金される金額が異なります。

商品の返品によって全額返金となる条件は以下のとおり。

  • 購入者の自己都合による返品で未使用かつ未開封
  • トラブルや不具合による返品・交換

購入者の自己都合の返品の場合、商品代金は返金されますが配送料・手数料、ギフトラッピング料は返金されません。一方、トラブルや不具合の場合は商品代金だけでなく、配送料・手数料、ギフトラッピング料も全額返金されます。

また、購入者の自己都合かつ商品開封済みの場合は、商品代金の50%を返金する運びとなります。

なお、以下のケースでは商品の開封済みとみなされます。

  • メーカー既成の梱包が開封または破損している
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包がある
  • 商品タグが外れている
  • 部品のビニール包装が開封してある
  • ケーブル固定のワイヤーなどが外されている
  • 商品に使用済みの形跡がある
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

適切な返品対応を取るためにもおさえておきましょう。

Amazon商品における返品理由の確認手順4ステップ

Amazonで出品した商品が、購入者によって返品された際の返品理由を確認する手順を紹介します。

結論として、具体的な返品理由はたったの4ステップで確認できます。

  1. セラーセントラルにログイン
  2. レポート内にあるフルフィルメントをクリック
  3. 左側のタブにある商品の返品や交換の返品レポートを選択
  4. 作成するレポート期間を選択しレポートの生成をクリック

上記の手順を踏むと以下のように、返品理由および商品の状態を確認できます。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

購入者から返品があるとAmazonから返品に関するメールは届きますが、具体的な理由までは確認できないので、必ず上記の手順で返品理由は確認しましょう!

Amazonで出品した商品の返品理由に関するQ&A

Amazonで出品した商品の返品理由に関する質問について紹介していきます。

特に多い質問は以下の4つ。

  1. Amazonの商品は自己都合の返品理由でも良い?
  2. Amazon商品が返品された後は再度出品できる?
  3. Amazon商品の返品理由で嘘をついたらどうなる?
  4. 悪質な返品を繰り返すアカウントに対してAmazonは対策してる?
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

疑問点はきちんと解決しておきましょう!

Amazonの商品は自己都合の返品理由でも良い?

Amazonの商品を返品する場合は、自己都合の返品理由でも問題ありません。

ただし、以下のような商品ジャンルによっては返品や交換ができないものもあります。

  • 化粧品、サプリメント
  • 食品、飲料
  • トレーディングカード
  • 大型家具
  • 家電

Amazonの返品や交換に関する利用規約をきちんと確認し、商品ジャンルによって対応を変えられるようにしておきましょう。

Amazon商品が返品された後は再度出品できる?

Amazon商品が返品された場合でも、商品の状態によっては再度出品が可能です。

再販売が可能な場合は、商品がFBAの倉庫に戻り同様に商品販売が行われます。ただし、一度開封されてしまった商品は当然新品としての販売ができません。

販売不可となった商品においては、出品者本人が対応する必要があります。一度返送手続きを行い、商品の状態を確認し廃棄するのかジャンク品として再販売できるかどうかを確認してください。

Amazon商品の返品理由で嘘をついたらどうなる?

Amazonは基本的にユーザーファーストなサービスなので、たとえ嘘の返品理由であってもそのまま成立してしまいます。

ただし、明らかに商品が出品したときの状態と異なる場合や嘘であることが判明している場合は、きちんと運営サイドにに伝えて対応してもらえる場合があります。

説得力を持たせて話を聞いてもらうためにも、出品前の商品状態や梱包の状態などを写真などで残しておくなどの工夫を施しておきましょう。

悪質な返品を繰り返すアカウントに対してAmazonは対策してる?

いくらユーザーファーストと言えど、徐々にAmazonの運営側が対策に転じている動きがあります。

例えば、購入し届いた商品を購入者がすり替えて返品していたり、商品の扱いが悪質であると判断された場合には、購入者のアカウント停止といった措置がとられるようになりました。

とはいえ、まだまだ消費者に有利な状態ではありますので、今後Amazon側の対応がどのように改善されていくのか注目です。

まとめ:Amazonで出品した商品の返品理由には潔く対応しよう!

というわけで今回は、Amazonで販売した商品の返品理由や返品・交換条件、返品理由の確認方法などについて解説しました。

Amazonで商品を販売するにあたって、返品対応は誰しもが行うことです。おそらく、返品対応を避けられる出品者はいないでしょう。

いざというときに、きちんとした返品対応が取れなければ、消費者やAmazonの運営から低評価を受けてしまいます。

そのため、悪質な返品で無い限りは真摯な返品対応を取りましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる