DELTA

リサーチ8割

投資型せどりはリサーチが全てと言っても過言ではないです。

そのリサーチを支えてくれてるのがリサーチツールですがこれまでは有料ツールを使ってました。

 

ショッピングリサーチャーPro

アマツリー

この二つの有料ツールはとても使い勝手が良くお金を払う価値のあるツールでした。

でした。過去形です。

 

しかし同等の機能を持った無料ツールがリリースされました。

DELTA tracer(デルタトレーサー)です。

ふうげつは、ちょっと前までアマツリーを全力で推してましたが無料でも良いツールが出たのでデルタトレーサーを推します。

 

現時点でアマツリーを使ってる人はそのまま使い続けたらいいです。

性能的に劣ってるというわけではなく、新たにコストをかけて使い始める必要性は現時点では感じられないということです。

有料無料に関わらず良いものは良いです。

 

去年の常識は今の非常識

せどりが一般的に認知されだして、参加者が増えることによってツールやノウハウの賞味期限がどんどん短くなってます。

進化するなら圧倒的スピード

スピードが出せないなら革命を起こしましょう。

 

投資型せどりは、仕入れの革命です。

おもちゃ投資は、せどりの常識を覆しました。

適切な資金管理さえできれば誰でも儲かります。

 

と、ふうげつのノウハウの宣伝も出来たところで、DELTA tracerの使い方を説明していきます。

 

DELTA tracerはchromeの拡張機能です

グーグルクロームにインストールするのでクロームを使ってない人はまずインストールする必要があります。

グーグルクロームのインストール方法

この記事の中段くらいにあります。

儲かる商品の検索が劇的に早くなる方法

 

クロームをインストールしたら

「 DELTA tracer 」

または

「 デルタトレーサー 」

で検索します。

delta2

delta9

chromeに追加したら準備完了です。

 

DELTA tracer(デルタ トレーサー)の使い方

delta3

デルタ トレーサーをインストールするとアマゾンの商品一覧に上記の情報が見れるようになります。

キーパのグラフ

視覚的に見やすいグラフです。

各種リンクボタン
  • 商品詳細
  • モノレート
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場
  • 価格.com
  • ヤフオク
  • オークファン
商品の情報
  • ASIN
  • JAN
  • ブランド
  • 規格番号
  • 新品価格(出品件数)
  • 中古価格(出品件数)
  • 新品粗利
  • 中古粗利
  • アマゾン本体の在庫の有無
  • 商品ランク(カテゴリー)

粗利金額が出ているのはありがたいです。

 

商品ページにも情報がたくさん

delta4

一覧画面に表示されてるデータがこちらにも表示されています。

ASIN、JAN、ブランド、規格番号、発売日、ランキング、参考価格が表示されています。

 

各種リンクが設置されています。

これだけでは必要なリンクが不足するのでやはりモノサーチは必須ですね。

 

電脳せどりを効率化!一番簡単な拡張機能モノサーチの使い方

  • FBA料金シミュレータ
  • 出品制限確認
  • モノレート
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場
  • 価格.com
  • ヤフオク
  • オークファン

枠内には上記情報が表示されてます。

 

DELTA tracerの真骨頂、商品価格の追跡機能

delta10

tracer=追跡者 価格追跡がDELTAの売りなんでしょうね。

商品名になってるくらいですので。

 

下の追跡開始は商品ごとに価格変動などのアラートをかけることが出来ます。

アラート機能を使うにはメールアドレスなどの登録が必要です。

もちろん無料です。

 

 

DELTA tracerはモノレート機能も搭載

delta5

モノレートと同様のグラフも搭載されています。

期間が1ヵ月と3ヶ月しか選択できないので長期を見るときはモノレートが必要になります。

 

delta6

相場情報の詳細を表示すると、詳細情報の一覧が開きます。

これもモノレートみたいですね。

 

DELTA tracerは外部ショップの自動検索機能も搭載

delta7

外部店舗の価格情報が載っています。

これはかなり便利ですが、ヤフーショッピングと楽天市場の情報が載っていません。

 

最後はおなじみkeepaグラフです

delta8

一番下にkeepaのグラフが載ってます。

 

DELTA tracer(デルタ トレーサー)無料せどりツールまとめ

2018年3月現在、有料無料問わずこれ以上のリサーチツールはありません。

というか、これまでの有料ツールの機能を搭載して無料で配信されてますからね。

単純に使いやすい良いツールです。