AmazonのFBAへ危険物の納品手順完全ガイド!基準や注意点も紹介

ゆうきのアイコン画像ゆうき

FBAで危険物の納品はどんな手順で行うの?
そもそも、どんな商品が危険物なのだろう…。

せどりにおいて、商品の仕入れ後の在庫管理や発送作業などをすべて代行してくれるFBA。様々な商品に対応していますが、FBAが危険物として指定している商品に関しては納品方法が特殊です。

ここで「自分は危険物なんて取り扱わないから大丈夫」と考える方がいるかもしれませんが、思いがけない商品がFBAに危険物指定されているケースも多々あります。

誤って危険物を納品してしまうと、AmazonのFBAから信用を損ない、アカウント停止などのペナルティにも繋がりかねません。

そこで今回は、FBAで指定される危険物の定義や危険物の判別方法、危険物をFBAに納品する手順を紹介していきます!

目次

AmazonのFBAにおける危険物の定義とは?

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

AmazonのFBAでは、危険物についての具体的な定義がされています!

出典:危険物におけるFBAのご利用について

端的に言うと、国際航空運送協会(IATA)が危険物としている商品がAmazonでも危険物指定されているようです。

と言っても、具体的な商品がイメージしづらいでしょう。そこで主な商品をいくつかピックアップします。

国際航空運送協会(IATA)が指定する主な危険物商品

  • オイルライター
  • カセットコンロ用ガス
  • ネイルグッズ
  • 香水
  • 接着剤
  • 消毒液
  • 化粧品
  • アルコールタイプのウェットティッシュ
  • 漂白剤
  • 殺虫剤
  • 蚊取り線香

これらの商品はあくまでも一例に過ぎませんが、意外と日常生活で利用することが多い商品も危険物に含まれているのが分かります。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

危険物商品の取り扱いを誤ると、アカウント停止などの厳しい措置を受ける場合があるので注意しましょう!

商品が危険物かどうかを確認する2つの方法

ゆうきのアイコン画像ゆうき

商品の中には、危険物なのか判断が難しい商品もあるけど、どうやって確認したら良い?

という方向けに、納品したい商品が危険物なのかを確認する方法について紹介していきます。

危険物の判断方法は、大きく2種類。

  1. ASINチェックツールで確認する
  2. Amazonセラーアプリで確認する

①ASINチェックツールで確認する

まずは、ASINチェックツールで確認する方法です。

ASINチェックツールの活用手順

  1. Amazonアカウントにサインインする
  2. 「ASINの検索」にチェックする
  3. 検索窓に商品のASINを入力する

まずは、Amazonの危険物確認ガイドから自身のAmazonアカウントへサインインします。

枠で囲った箇所がASINチェックツールです。

「ASINの検索」を選択し、次へをクリックします。

続いて、検索したい商品のASINを検索窓に入力して「ステータスを確認する」をクリックします。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

なお、商品のASINは書籍以外の商品の詳細ページに記載されているので確認してください。

ASINを入力したら、商品が危険物かどうかの判定がされるので確認しましょう。

②Amazonセラーアプリで確認する

Amazonセラーアプリで確認する方法を紹介します。Amazonセラーアプリでの確認方法はとてもシンプル。

例えば「薬用メンズ美顔水R」の詳細画面を確認すると、右側にマークが表示されています。

このマークがついている商品は、FBAへの出品可否を表しており、危険物と見なされる商品につけられます。

Amazonセラーアプリを活用すれば、危険物であるかどうかを事前に確認できるため、誤った出品を未然に防ぐことができます。

なお、AmazonのセラーアプリはiPhoneAndroid用で別々となるため、導入する場合は注意しましょう。

AmazonのFBAで危険物を納品する手順4ステップ

ここからは、AmazonのFBAに危険物を納品する具体的な手順を紹介していきます。

危険物を納品する具体的な手順は、4ステップ。

  1. 危険物の取り扱いリクエストフォームから事前申請する
  2. 危険物かどうか確認する
  3. 引火性液体の場合は、納品ごとに申請する
  4. 危険物の納品ルールをチェックし商品を梱包する
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

ステップ①の申請は初回のみ必要な作業なので、2回目以降はステップ②から進めましょう!

ステップ①危険物の取り扱いリクエストフォームから事前申請する

まず、AmazonのFBAに危険物を納品したい場合は、危険物の取り扱いリクエストフォームから事前申請をしなければなりません。

リクエストフォームのチェック項目

  • 出品者トークン
  • 店舗名
  • マニュアルやヘルプページの確認およびチェック
  • 規約への同意チェック

出品者トークンは、セラーセントラルの出品者アカウントから確認ができます。

すべての入力が完了したら、右下の「>>」をクリックしましょう。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

申請から許可が下りるまでは約1週間かかるので、早めに済ませておいてください。

ステップ②危険物かどうか確認する

仕入れて出品したい商品が、危険物指定されているかどうかを確認します。

確認方法は、先ほど紹介したASINチェックツールとAmazonセラーアプリのどちらでも構いません。

自身で危険物でないと判断してしまうと、誤った判断をする場合があるので、基本的には商品を出品する前に必ず確認しておくのがおすすめです。

なお、危険物の中には納品ができない商品もありますので注意しましょう。

FBAに納品できない主な危険物

  • 爆発物の火薬類:花火・パーテイークラッカー・ 発煙筒・爆竹など
  • 引火性ガス・非引火性ガス:カセットコンロ・キャンプ用ガスカートリッジなど
  • 引火性液体:業務用の消毒用アルコール・ペンキなど
  • 放射線物質:ウラン鉱石・ガイガーカウンターのテスト用の物質・一部の種類の煙感知器
  • 腐食性物質:鉛蓄電池・水銀式体温計・水銀式温度計など
  • その他:エンジン・強い磁石・自動車用液体バッテリーなど

ステップ③引火性液体の場合は、納品ごとに申請する

危険物チェックで引火性液体と判断できた場合、化粧水や香水などの納品可能な商品に関しても、納品ごとの事前申請が必要となります。

なぜなら、引火性液体は以下の倉庫でのみ納品可能な商品であるからです。

対応可能な倉庫

  • 狭山FC(HND2)
  • 小田原FC(FSZ1)
  • 古河FC(TPZ1)
  • 神戸FC(TPZ2)

申請方法は、主にエクセルセラーセントラルの2種類から選択可能です。しかし、2021年10月時点では引火性液体の事前申請を停止しているようです。

出典:危険物におけるFBAのご利用について
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

現在は申請不要で納品可能ですが、しっかりと確認しておいてください。

ステップ④危険物の納品ルールをチェックし商品を梱包する

危険物を納品する段階に入ったら、FBAが定めている危険物の納品ルールを確認しましょう。

主なルールは以下のとおり。

  • 輸送箱の側面に次ページのラベルを貼付
  • 納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ
  • 通常商品との同梱をしない
  • 混合在庫での納品は不可
  • 引火性液体にあたる商品は事前申請が必要(現在は不要)

もちろん、元々定められている通常のFBA納品ルールもしっかりと守らなければなりません。

特に梱包が終わった後は、以下のような「危険物在中」のラベルを貼付する必要があります。

必ずA5サイズ以上かつ複数の梱包がある場合はすべての箱に貼付をしてください。

危険物はしっかりとルールに沿って、梱包作業を行いましょう。

AmazonのFBAに危険物を納品する際の注意点5つ

最後に、FBAへ危険物を納品する際の注意点を4つ紹介します。

  • 納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ
  • 通常商品と同梱させない
  • 納品できない危険物を仕入れた場合は自己発送を利用する
  • ASIN登録されていない商品は登録作業が必須
  • 梱包材は紙製のみ

納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ

まず、納品可能な危険物であっても、サイズが「大型」に区分される商品は納品できません。

そのため、小型サイズと標準サイズのみが納品可能となります。

なお、サイズの定義は以下のとおり。

事前にサイズを確認し、納品したい商品が「小型」または「標準」サイズであることを確認しましょう。

通常商品と同梱させない

危険物は、通常商品と一緒の箱に梱包して納品はできません。

納品プランおよび輸送箱を分別したうえで、梱包作業を行いましょう。

なお、すべての商品に対して商品ラベルの貼付が必要となり、混合在庫(JANコード納品)での納品も不可。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

手間はかかりますが、安全に納品するためなので徹底しましょう。

納品できない危険物を仕入れた場合は自己発送を利用する

危険物とされる商品をすでに仕入れてしまっている場合、FBAに納品はできませんが自己発送で出品ができます。

当然、商品の管理から発送作業、お客さまとのやりとりなどの作業を自身で行う必要はありますが、そこまで難しくはありません。

先ほども説明したとおり、危険物の中には画像にあるようなFBAに納品できない商品もありますから、納品できない商品に対しては、自己発送で対応しましょう。

ASIN登録されていない商品は登録作業が必須

セラーセントラル上で新たにASINを作成する場合や、出品者出荷からAmazon出荷に変換を行う場合は、出品するASINが危険物に該当するかの詳細情報を入力しなければなりません。

商品のASIN登録手順

  1. 在庫管理画面から出品したいASINを選択し、出品者出荷からAmazon出荷に変換
  2. 「危険物情報を追加」をクリック
  3. 表示される質問に該当する回答を選択
  4. 製品規制情報に関する質問に回答
  5. 適用される危険物の種類を選択
  6. 送信ボタンをクリック

各手順で選択した選択肢に応じて、必要な情報が異なるので、表示された項目に対して1つずつ埋めていきましょう。

梱包材は紙製のみ

危険物の梱包において、使用できる梱包材や緩衝材は紙製のもの以外は利用できません。

通常商品の梱包などでよく活用されるビニール製の緩衝材などは利用不可。

紙製でないもので梱包を行なった場合、FBAは受け取らず出品者様負担で返送される可能性があります。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

梱包する素材にも十分に注意して納品しましょう。

まとめ:AmazonのFBAへ危険物を納品する際は十分注意しよう!

というわけで今回は、FBAで指定される危険物の定義や危険物の判別方法、危険物をFBAに納品する手順を紹介しました。

AmazonのFBAは便利である一方、利用するためのルールが細かく決められています。特に、危険物の取り扱いには十分に注意しなければなりません。

ルールを1つでも守れていない場合は、納品ができないだけでなくペナルティを受ける場合もあります。

そのため、納品手順や納品するうえでの注意点、商品が危険物かどうかのリサーチなども徹底して行いましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる