数年前まで、AmazonのFBAに危険物を納品するにはセミナーを受けないといけなくて、ふうげつもこのセミナーを過去に受けました。

FBA危険物取扱いセミナーを受けました

現在はルールが変わってセミナーを受けなくてよくなり、申請さえ出せば誰でも出品できるようになりました。

危険物の取り扱いは難しいというほどのものではなく、多少めんどくさいだけです。

めんどくさいというのは参入障壁が高いという意味でもあるので、比較的ライバルが少ないです。

やり方をしっかりマスターすれば売り上げ・利益アップに貢献してくれるでしょう。

 

この記事では、

  • どんなものが危険物になるのか
  • 危険物かどうかチェックする方法
  • 危険物を納品する方法
  • 危険物を納品する時の注意点

を解説します。

 

Amazon FBAにおける危険物とは?

Amazon FBAにおける危険物とは、以下のようなものを意味します。

成分中に可燃性、腐食性物質や加圧された物質、あるいは人体に健康被害を与えるおそれのある物質が含まれるため、商品保管時や取り扱い、または輸送時に危険を及ぼす可能性があるもの

危険物確認ガイドより)

 

これだけではよくわからないかもしれませんが、意外なものも規制対象になる場合があるのでしっかり確認しておきましょう。

特に気をつけないといけないのは、可燃性の液体(アルコールも含める)やリチウム電池類ではないかと思います。

ヘルス&ビューティー(ヘルビ)の分野ではかなりの商品が可燃性液体になるので規制対象品に該当します。

リチウム電池はおもちゃをはじめ、ちょっとした電子機器には当たり前のように組み込まれています。

具体的にどのようなものが危険物に該当するのかは、以下の動画を見てみてください。

 

 

一覧として見ておきたい場合は、以下のリンクを参照してください。

何げなく仕入れた商品が実は規制対象品で、めんどうな手続きをしないといけなくなったりするので、危険物を取り扱うかどうかに関わらず必ず一度は目を通しておくべきです。

参考:Amazonセラーセントラル  | Amazonで危険物として規制される可能性のある商品一例

 

商品が危険物かどうかを確認する方法

仕入れた商品・これから仕入れようとする商品が危険物かどうかを確認する方法を説明します。

主な方法として2種類ありますので、順番に見ていきます。

 

ASINチェックツールで確認する

まず以下のリンクを開いてください。このリンクでは危険物確認の方法が書かれているので読んでおくといいです。

参考:Amazonセラーセントラル | 危険物確認ガイド

 

以下のような画面になります。赤枠で囲んだ箇所が危険物かどうか確認するツールになっています。

 

「ASINの検索」にチェックをして、「次へ」をクリックします。

 

検索窓に、検索したい商品のASINを入力して「ステータスを確認する」をクリックします。

 

すると危険物かどうかの判定結果が出ます。

 

Amazonセラーアプリで確認する

続いてはAmazonセラーアプリで確認する方法です。せどりやってる人でインストールしてない人はいないと思いますが一応リンクを貼っておきます。

Amazonセラーアプリで確認する方法はシンプルです。

商品の詳細画面をみると、右側に以下のようなマークが出ることがあります。このマークはなんらかの理由でFBA出品に規制がかかっていることを意味します。

 

このマークをタップすると、FBAに出品できない理由の詳細を見ることができます。以下の商品の場合は危険物でした。

 

 

こういった方法でなるべく仕入れる前に危険物かどうか確認しておくようにしましょう。

 

Amazon FBAで危険物を出品する方法

Amazon FBAに危険物を納品する上で必要な手続きについて解説していきます。

 

危険物の取り扱いリクエストフォームを申請する

まず危険物に該当するものを出品したい場合は、必ず以下の「危険物の取り扱いリクエストフォーム」を提出しなければなりません。

参考:危険物の取り扱いリクエストフォーム

 

リクエストフォームは以下のようになっています。難しいところは全くありません。

 

出品者トークンは、出品者アカウントから「設定」→「出品用アカウント情報」→「あなたの出品者トークン」と選択することで確認できます。

申請書には、以下のマニュアルを読むように注意されています。一度読んでおいた方がいいと思います。

参考:Amazon出品大学  | FBAで危険物を納品するには

 

申請して1週間ほどすると設定完了の連絡が届きますので、設定完了すれば危険物の納品ができるようになります。

 

引火性液体の場合、さらに納品ごとに申請が必要

引火性液体を納品する場合には、先ほどのリクエストフォームに加えてさらに納品前に毎回申請が必要です。

引火性液体には以下のように身近なものも含まれていますので油断できません。

Amazon出品大学  | FBAで危険物を納品するにはより

 

以下のようなエクセルのフォームにASIN、商品名、個数などを入力します。

 

フォームに入力したら、以下のリクエストフォームから申請をします。

 

参考:引火性液体 事前申請リクエストフォーム

 

5営業日ほどで申請が通りますので、その後納品を進めていくことになります。

ちなみに、引火性液体の納品先は以下の倉庫のみとなっているので送料にも注意が必要です。

  • 狭山FC(HND2)
  • 小田原FC(FSZ1)
  • 古河FC(TPZ1)
  • 神戸FC(TPZ2)

 

ASIN登録されていない商品を登録する場合

セラーセントラル上で新たにASINを作成する時や、出品者出荷からAmazon出荷に変換を行う時は、出品するASINが危険物に該当するかどうか詳細情報を入力する必要があります。

詳しくは以下のリンク先のマニュアル22ページ目からを参照してください。

参考:Amazon出品大学  | FBAで危険物を納品するには

 

以下のように必要な項目を記入していく必要があります。

 

自己発送すれば申請しなくても出品できる

自己発送であれば、特に申請しなくても危険物の出品ができます。

Amazon倉庫は在庫管理するときに危険物の総量を報告する義務があるらしく、そのためにFBA発送をするときは危険物の情報をきちんと管理する必要があるから申請をしています。

でも自己発送ならAmazon倉庫には商品を置かないから関係ないという話です。

ちなみに申請をしても、絶対にFBAでは出品できない商品というのもあります。

 

そういったものでも基本的に自己発送なら出品できるので、危険物とは知らずに仕入れてしまったという場合は自己発送するようにしましょう。

 

危険物を納品する時の注意点

危険物を納品するときは、事前申請の他にも注意するべきことがあります。

 

輸送箱の側面に「危険物 在中」ラベルを貼付

Amazon倉庫に発送するダンボールに、以下のようなラベルを貼り付ける必要があります。

 

以下の注意事項をしっかりと守りましょう。

  • A5サイズ以上で貼付
  • 複数箱での納品の場合はすべての輸送箱に貼付

「シートの張り忘れは重大な納品不備となる」と脅し文句が入っていますので絶対に忘れないように。

 

納品できるサイズは小型サイズと標準サイズのみ

危険物は小型サイズか標準サイズしか納品できず、大型サイズの商品は納品できません。

以下が小型・標準・大型の定義になっていますので改めて確認しておきましょう。

 

通常商品と同梱しない・混合在庫も不可

危険物は他の通常商品と分けて納品プランを作成し、輸送箱も分ける必要があります。

混合在庫(JANコード納品)での納品はできません。

 

危険物ってめんどくさいと思ったなら利益を出すチャンス

この記事では危険物をAmazon FBAに納品する方法について解説しました。

  • マニュアルに目を通す
  • 危険物取り扱いリクエストを申請する
  • ラベル貼り付け、他商品と混合せずに発送する

基本的にはこのような手順を踏めば危険物を納品することができます。

めんどくさいと思ったかもしれませんが、めんどくさいということは参入障壁が高いということなので、ライバルが少ないということにもなります。

しかもめんどくさいだけで難しくはないので、危険物の納品は頑張れば必ずできます。

利益アップのためにも挑戦する価値はあると思いますよ。