Amazonで出品している人であれば、マケプレプライムという言葉を目にしたことがあるかもしれません。

マケプレプライムを一言でいうと、「自己発送をprimeマークをつけて出品できる」というサービスです。

primeマークがついている=売れるということなのでメリットは大きいですが、一方でデメリット(注意点)もあります。

この記事では、マケプレプライムのメリット・デメリットやマケプレプライムへの参加方法を解説します。

 

マケプレプライムとは

マケプレプライムは「自己発送商品にprimeマークをつける」ためのサービスです。

一般的にはprimeマークはFBA倉庫から発送される商品にしかつきません。

ですが一定以上の配送品質を満たすなら、自己発送の商品にもprimeマークをつけられるんです。

詳しくは以下のリンクに書いていますが、デメリットなどは明記されていませんのでその辺りを補足しながら解説していきたいと思います。

参考:Amazonセラーセントラル | マケプレプライムを始めるには

 

マケプレプライムのメリット

マケプレプライムに参加するメリットを解説します。

 

自己発送でもprimeマークがつくので商品が売れやすくなる

マケプレプライムに登録すると、自己発送の商品でもprimeマークをつけることができます。

primeマークがついていると、お急ぎ便が無料になりますのでお得感から売れ行きがよくなります。

 

ショッピングカートが獲得しやすくなる

マケプレプライムに登録するとショッピングカートが獲得しやすくなるとのことです。

カートを獲得するというのは、出品者がある特定の条件を満たしている時に、Amazonで「カートに入れる」ボタンをクリックした時その出品者から買うことになるという意味です。

カートを獲得していると、以下の画面の矢印部分のように表示されます。

 

カート取得がしやすくなるというよりは、マケプレプライムに登録することでFBAと同程度のカート獲得力が手に入るといった感じです。

 

Amazonのカスタマーサービスが対応してくれる

自己発送の場合、Amazonのカスタマーサービスは対応していませんが、マケプレプライムに登録した商品であればAmazonのカスタマーサービスが対応してくれます。

Amazonのカスタマーサービスでは、購入者からの問い合わせの対応や返品対応などを出品者にかわって行ってもらえます。

面倒ごとが減るというのはありがたいです。

 

FBA出品が制限されている商品をprimeマーク付きで出品できる

商品によってはFBA倉庫への納品が制限されているものもあります。

例えば、以下の記事のような危険物や要期限管理商品などが該当します。

Amazon FBAに危険物を納品する方法を徹底解説します。

Amazon FBAに要期限管理商品を納品する方法を徹底解説します。

 

これらの商品はFBA出品には制限がかかっていますが、自己発送では特に制限はありません。

ですが自己発送の場合、通常はprimeマークがついてないので売れ行きは悪くなってしまいます。

特に要期限管理商品だと、消費期限が来る前に売り切りたいでしょうから、商品の回転率は重要です。

マケプレプライムに登録することでprimeマークをつけて出品すれば、回転率がよくなります。

特に要期限管理商品を取り扱う場合は非常に大きなメリットになるでしょう。

 

他にも、

  • FBAで出品できない商品(温度管理商品、賞味期限が短い商品、大型商品、管理医療機器など)
  • 回転率があまりよくない商品など

を取り扱う場合にも、他のセラーとの差別化ができて売り上げアップに貢献してくれます。

 

 

Amazonマケプレプライムのデメリット(注意点)

ざっくりいうと、自己発送でFBA発送のような品質を維持しなければならないというのがデメリットです。

 

お急ぎ便は即日発送が求められる

マケプレプライムで出品した商品に関して、お急ぎ便で注文が入った場合には即日発送が求められます。

お急ぎ便の締め時間は13時ですが、14時までに注文確定連絡があったものは対応となっています。

つまり14時までに注文が入っていたら、翌日に届くように発送をしないといけないということになります。

 

土日祝日の対応

基本的に出荷に関する営業日はカレンダー通りになっているので、土日・祝日は出荷しなくてOKです。

例えば、金曜日の締め時間後に注文が確定した場合は、土日をまたいで火曜日に届くように配送手続きをします。

ただしお盆や年末年始であっても、カレンダー上が営業日であれば出荷が求められます。

どうしても出荷ができない場合は、マケプレプライムの設定を一時的に解除することで対応ができます。

お急ぎ便の対応地域について

お急ぎ便の到着までにかかる日数は、以下のように決められています。

基本的に翌営業日ですが、発送地域と到着地域によっては、どう頑張ってもお急ぎ便の日程では発送できない場合があります。

ふうげつが調べたところによると、ヤマト運輸の配達目安日数は以下のようになっています。

  • 東京発:本州・四国は翌日、それ以外は翌々日→九州は対象外
  • 大阪発:青森、秋田は翌々日、それ以外は翌日→青森、秋田は対象外
  • 名古屋発:青森、鹿児島は翌々日、それ以外は翌日→青森、鹿児島は対象外
  • 福岡発:東海までは翌日、それ以外は翌々日→関東・東北は対象外

たとえば東京に住んでいる出品者の場合、福岡に住んでいる購入者へはお急ぎ便での発送は不可能です。

このようなお急ぎ便提供不可能な地域に対して、マケプレプライムでは都道府県別にお急ぎ便を提供するかどうかを設定できます。

 

prime対象地域への配送料を無料にしないといけない

マケプレプライム商品は、プライム会員に対してはプライム対象地域 への通常配送とお急ぎ便を無料にしないといけません。

プライム対象地域外への配送、および通常会員の購入者に対しては、任意で配送料を設定できます。

表で見てみると以下のようになります。

マケプレプライムは自己発送なので配送料は出品者負担となり、利益に対しては不利に働きます。

 

配送方法はヤマト運輸、日本郵便のみ

マケプレプライムでは荷物の追跡ができる配送方法を使うことが条件となっています。

現在対応しているのは以下のサービスのみです。

  • ヤマト運輸:宅急便、宅急便コンパクト、ネコポス
  • 日本郵便:ゆうパック、レターパック(ライト/プラス)

佐川急便もダメですので注意してください。

 

Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応が必要

マケプレプライム対象商品には、 Amazonの返品・返金ポリシーが適用されます。

  • 注文から30日以内の返品リクエストは、Amazonの返品ポリシーに基づいて承認される
  • 返品配送料は、原則として出品者が負担する(購入者都合の 場合は購入者負担)
  • 返品受領後は、2営業日以内に購入者への返金処理を行う

Amazonの返品・返金ポリシーは以下のページから確認できます。

参考:Amazon.co.jp | 返品・交換の条件

 

返品はできれば避けたいですが、Amazonが管理するので購入者の都合で返品されることも出てくると思います。

商品が返品された時の対応については以下の記事でも解説していますので、合わせて読んでみてください。

脱せどり初心者集中講座09 商品が返品されたら

 

マケプレプライムに参加するための条件と手順

マケプレプライムは注意すべき点もそれなりにありますが、primeマークがつけられるメリットはやはり大きいです。

ですがメリットが大きい分、マケプレプライムに参加するのもそれなりのハードルが設けられています。

 

前提条件:大口出品者であること

まずマケプレプライムに登録するためには、大口出品者として登録しておく必要があります。

自己発送向けのサービスですが、小口出品者はダメなので間違えないようにしてください。

 

マケプレプライム・トライアルに登録する

次にマケプレプライム トライアルというのに登録します。

参考:Amazonセラーセントラル  | マケプレプライム トライアル

 

要は、マケプレプライムの本会員になれるほどの品質の高い配送ができるのかを試される試用期間です。

登録自体は、以下のページから簡単にできます。

参考:Amazonセラーセントラル  | マケプレプライムへの登録

 

登録が終わったあと、セラーセントラルの「設定→配送状況」ページで以下のようにトライアル期間中という状況が確認できます。

 

マケプレプライム・トライアルで一定以上の実績を残す

マケプレプライム・トライアルに参加した後、一定以上の実績を残せばマケプレプライムに正式参加することができます。

言って以上の実績とは、直近10件のトライアル対象商品の注文が以下の条件を満たすことを意味します。

  • 即日出荷率:99%以上 締め時間までの注文を即日出荷した割合
  • 追跡可能率:94%以上 Amazonで追跡できた荷物の割合
  • 出荷前キャンセル率:1%未満 出品者様都合で出荷前にキャンセルした割合

99%以上、94%以上、1%未満と細かい数字が書いていますが、これを達成するには直近10件に対して100%条件を満たさなければ達成できません。

かなりハードな条件となっています。

条件を達成すると、商品ページにprimeマークが付くようになります。

 

一定以上の実績を残し続けることでマケプレプライムが維持される

正式にマケプレプライムに参加したあとでも、一定以上の実績を残し続ける必要があります。

マケプレプライム維持のためには、過去30日間のマケプレプライム対象商品の出荷が以下の条件を満たすことが求められます。

  • 即日出荷率:96%以上 締め時間までの注文を即日出荷した割合
  • 追跡可能率:94%以上 Amazonで追跡できた荷物の割合
  • 出荷前キャンセル率:1%未満 出品者様都合で出荷前にキャンセルした割合

参加条件に比べて、即日出荷率が99%→96%に少しだけ緩和されてはいますが、相変わらず厳しい条件です。

primeマークで売り上げアップを狙うには、高品質な配送を継続していくことが必須となっています。

 

まとめ

マケプレプライムは、自己発送商品でもprimeマークをつけて出品ができるという大きなメリットを得られるかわりに、配送に関する品質は高く要求されるサービスです。

要期限管理商品などFBA出品に制限がかかっているものや、そもそもFBAで出品できないものなどはマケプレプライムの獲得で売り上げ・利益アップが見込めます。

維持はわりと大変ですが、苦労をする価値は十分にありますので挑戦してみてください。

マケプレプライムに関しては、以下のように公式のドキュメントもあります。

より詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください。

参考:Amazonセラーセントラル | マケプレプライムを始めるには