2020年6月30日にモノレートが閉鎖し、代わりになるツールを探している人も多いと思います。

現段階では、モノレートの代替ツールの筆頭候補は「Keepa有料版」で間違いないです。

Keepa有料版では、Amazonからデータを取得して、価格変動・ランキング・出品者数のグラフを表示させることができます。

モノレートは無料だったのに、有料っていうのはちょっと…と思うかもしれませんが、Keepaは月額15ユーロ(=約1,900円)とせどりツールにしてはかなり安い方なので、試しに登録してみる価値は十分ありますよ。

しかもKeepaには価格変動グラフ以外にも優秀な機能が揃っているツールですし、むしろ無料版だけでもAmazon刈り取りにかなり使えたりします。

というか無料版にいたっては、無料なので導入しない理由が全くありません。

Keepaは全せどらーが導入すべき必須ツールと言ってもいいでしょう。

そこでこの記事では、Keepaとは何?というところから、無料版も有料版も含めて、Keepaでできることを徹底的に解説していきたいと思います。

 

Keepaとは

KeepaはAmazonからデータを取得してグラフ表示させたり、データをチェックしたり、情報をリストアップしたりできるツールです。

電脳せどり、店舗せどりに関わらずAmazonでせどりをするなら必須のせどりツールと言えます。

無料版と有料版がありますので、まずは簡単にそれぞれの違いを見ていきましょう。

 

Keepa無料版

Keepaの無料版では以下のようなことができます。

  • Amazonに出品されている商品の価格変動グラフを見る機能
  • Amazonに出品されている商品の価格が下がったときに通知をするトラッキング機能
  • ほしいものリストからトラッキングする商品を一括登録する機能

特に、トラッキング機能がかなり使えます。Amazonで仕入れてAmazonで売るという「Amazon刈り取り」ができるので非常に強力なツールです。

Keepa無料版は迷うことなく導入しましょう。

 

Keepa有料版

Keepaは月に15ユーロ(=約1,900円)課金することで、機能を拡張することができます。

Keepaを有料版にすると、以下のような機能が追加されます。

  • Amazonに出品されている商品の売り上げランキングの変動のグラフを見る機能
  • Amazonに出品されている商品の出品者数を見る機能
  • Amazonに出品されている商品の価格が上がったときに通知するトラッキング機能
  • 各出品者の在庫数を表示させる機能
  • 各種リスティング機能

有料版では売り上げランキングや出品者数を見られるようになるので、モノレートとほぼ同じデータを取得可能となります。

 

Keepa有料版アップグレードはするべき?

Keepaは無料版でもトラッキング機能が使えるので、Amazon刈り取りに利用するだけなら無料版で十分です。

商品が売れているかどうか、ライバルが多いかどうかなど、商品仕入れ判断の材料として使いたいなら、ぜひ有料版にしましょう。

他にも細かく色々なことができるので、月に1,900円支払っても全然お釣りがくるレベル。

少なくとも1ヶ月間だけお試しで使ってみれば、自分に合う合わないとかもわかるはずなので、まずは1ヶ月だけ使ってみるのをおすすめします。

 

Keepaの導入方法

Keepaは日本語にも一応対応していますが、基本的に英語圏のツールでちょっとわかりにくいです。

ここではKeepaの導入方法について解説していきます。

 

拡張機能の導入

KeepaはWebブラウザの拡張機能となっています。

グーグルクロームのほか、Firefoxやオペラ、Edgeなどで導入することができます。

 

ここではグーグルクロームを対象に説明を進めていきます。

まずは以下のURLにアクセスしてください。

参考:Keepa拡張機能

 

以下のような画面になるので、「Chlomeに追加」をクリックします。

 

ブラウザの右上部分にKeepaのアイコン(+みたいな形)が追加されました。

 

この状態でAmazonの商品ページにアクセスすると、商品紹介の下に価格変動のグラフが表示されます。

グラフの見方はあとで紹介します。

 

Keepa無料登録

続いてKeepaに登録をします。

登録するとトラッキングの時にメールアドレスへ通知ができるようになるので、必ず登録しておきましょう。登録するだけなら無料なので安心してください。

今度はKeepaの公式ページにアクセスします。

参考:Keepa公式ページ

 

以下のような画面が表示されるので、右上の「ログイン/アカウント登録」というメニューをクリックします。

 

「アカウント登録」タブをクリックして、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して「アカウント登録」をクリックします。

 

「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

 

登録したメールアドレスに、Keepaからメールを送ったという趣旨のメッセージが表示されますので、メールを確認します。

 

以下のようなメールが届いていますので、リンク部分をクリックします。

 

これで登録は完了しましたが、英語表記になっていますので日本語表記にします。

右上のイギリス国旗のアイコン辺りをクリックします。

 

日本の国旗と、「.jp」をクリックします。これによってKeepaのページが日本語表記になり、日本のAmazonを対象にデータを取得してくれるようになります。

 

これで無料登録の完了です。

 

Keepa有料版の導入

続いてKeepa有料版の導入方法を紹介します。

ログインしている状態だと、右上部分にユーザー名が表示されるので、そこをクリックしてメニューを開き、「サブスクリプション」をクリックします。

 

「Data Acccess」と書かれた箇所のボタンをクリックします。

 

以下の①〜⑩のように、必要な情報を入力します。注意事項を画像の下に書いておきますので、よく読んでください。

以下、登録の上での注意点を書いておきます。

  • ①個人と法人を選択します。機能や金額は変わりません。
  • ②〜④住所や氏名はすべてローマ字で入力します。
  • ⑥クレジットカードのセキュリティコードはカード裏面の3桁の数字です。
  • ⑦クーポンコードについて調べましたが、2020年9月現在、該当する情報はありませんでしたので空欄でOKです。
  • ⑧月ごとの支払いか年ごとの支払いか選択できます。年ごとの支払いの方が30ユーロほどお得ですが、為替リスクやサービス終了のリスク(モノレートのように)もありますので、月額でいいと思います。
  • ⑩「SUBSCRIBE NOW」をクリックすると、確認画面も特に出てこないまま決済が完了するので、気をつけてください。

 

決済が完了すると以下のような画面が表示されます。これで有料版の登録ができました。

 

「Data Acccess」が、以下のようにON状態になっています。登録の解除もこの画面でできるので覚えておきましょう。

 

有料版のKeepaを導入したあとでAmazonの商品ページにアクセスすると、3つのグラフが表示されるようになります。

 

グラフの見方については後で解説します。

 

Keepaの機能・使い方

ではKeepaの機能や使い方について解説していきます。

無料版でできる機能についても合わせて書いていくので、無料版・有料版どちらを導入する人でも、読み進めてみてください。

 

グラフ表示機能(一部無料版も対応)

まずはグラフ表示機能についてです。

無料版のグラフ

以下はKeepa無料版のグラフです。無料版のグラフでも有用な情報を読み取ることができます。

例えばグラフのオレンジ色に塗られている部分は、Amazon本体が出品している期間(予約期間含む)で、在庫がある状態を表しています。

これを見ればAmazonの在庫状態が確認できるので、商品の仕入れ判断の材料になります。

Amazonの在庫切れをチェックすれば商品の廃盤などの目安にすることもできます。

有料版のグラフ

以下は有料版のグラフです。この商品はレビュー数が多すぎて、出品者数が見えないのでまずはレビュー数を消します。以下の「レビュー数」という箇所をクリックすればグラフへの表示・非表示を切り替えられます。

 

こちらがレビュー数を非表示にしたグラフです。特に重要なのは、緑線の「売れ筋ランキング」、ピンク線の「Buy Box(=カート価格)」、青線の「新品アイテム数(=出品者数)」です。

 

中古せどりをする人には、「中古アイテム数」やコンディションごとの価格変動なども重要になってくると思います。これらもすべて見ることができます。

ランキングが下がっているところ=売れたところなので、ランキングのグラフを見ることでその商品がどれくらいの頻度で売れるのか判断できますし、出品者数が減ってきている商品ならライバルが減っていてチャンスだと読み取ることができます。

これらは、まさにモノレートの機能そのものなので、モノレートの代替ツールを探している人はKeepaの有料版を導入すれば満足できるはずです。

 

トラッキング機能(一部無料版も対応)

続いてトラッキング機能です。Amazonの対象商品をトラッキング対象として登録しておけば、指定した価格以下になったときにアラートしてくれます。

無料版でも使える機能なので、Amazon刈り取りをしたいだけの人は無料版でOKです。有料版にすると、対象商品が指定価格以上になったときにもアラートできるようになります。

トラッキング設定には2つ方法がありますので、順番に解説していきます。

Amazon商品ページからトラッキング設定(無料版でも可能)

まずAmazonの商品ページから登録する方法です。

以下のように、表示されたグラフの左上に「商品のトラッキング」というタブがあるのでクリックします。

 

「商品のトラッキング」タブをクリックすると、以下のようにトラッキング価格を設定できる画面が表示されます。有料版の場合は、○円以下だけではなく○円以上という設定もできるようになります。金額を設定したら「トラッキング開始」をクリックします。

 

以下のようにトラッキングの結果を通知する方法を選択します。Keepaに登録しておけば(無料でもOK)、自動的にメールアドレスが設定されています。

 

これで、設定価格になったらメールが飛んでくるようになります。

ほしいものリストからまとめてトラッキング設定(無料版でも可能)

2つ目の設定方法は、ほしいものリストをまとめて設定する方法です。この機能を使えば複数の商品を一気にトラッキング対象にできます。

まずはAmazonにアクセスして、右上のアカウントメニューから「新しいリストを作成する」をクリックします。

 

ほしいものリストに名前をつけます。名前は、わかれば何でもいいです。

 

Amazonの商品ページにアクセスして、「ほしい物リストに追加する」をクリックします。

 

ほしい物リストに商品が追加されたので、「リストを見る」をクリックします。

 

ほしい物リストにKeepaからアクセスできるように「公開」状態にする必要があります。ほしい物リスト右上の「その他」という箇所をクリックします。

 

「リストの設定」をクリックします。

 

公開/非公開の設定を「公開」に変更して、「変更を保存」をクリックします。

 

これでほしい物リストが公開状態になりました。

 

次にほしいものリストを開いたページの、URLをコピーしておきます。

 

今度はKeepaの公式ページにアクセスします。「トラッキング」タブ→「ほしい物リストをインポート」タブ→ほしいものリストのURLをコピペ→「送信する」をクリックします。

 

これでほしい物リストがインポートされました。

ほしい物リストに登録されている商品に、一括で○%以下になったら通知をする、という形で設定をします(登録後、商品ごとに個別の設定ができます)。設定が終わったら「トラッキング開始」をクリックします。

 

先ほどと同じように、通知手段の設定画面が出てきます。

 

Keepa公式ページ内で、「トラッキング」タブ→「トラッキングの概要」と進むと、トラッキング登録している商品の一覧が表示されます。

 

以下の画像のように、金額のところをクリックするとアラートを出す価格の設定ができます。これで個別に価格設定をすることができます。

 

トラッキングは結局のところ、どれだけ登録できるかが勝負です。たくさん登録すればするほど効果を発揮するので、毎日少しずつでも登録を増やしていきましょう。

多い人だと1万件くらい登録しているという話も聞きます。

 

FBA出品者の在庫数を確認する(有料版のみ)

KeepaにはFBA出品者の在庫数を確認する機能があります。以前は無料でしたが、今は有料に変わりました。

設定方法をとても簡単です。

Amazon商品ページに表示されているグラフ上部の「設定」というタブをクリックして、以下の「一部の販売者の販売ページに、商品の在庫数を表示する」を「はい」にします。

 

こうすることで、以下のように出品者が何個在庫を抱えているかを確認することができます。max order limitと書かれているものは、在庫数ではなく最大の注文数なので、もっとたくさんの在庫を抱えているという意味になります。

 

在庫の推移を見ることで商品の売れ行きを見たり、その出品者の動向を探るなどの分析に活用すると良いでしょう。

ただし、表示されてる在庫数がその出品者が持ってるすべての在庫数とは限らないので参考程度に考えておいた方が無難です。

 

Amazon商品フィルタリング機能(Product Finder、有料版のみ)

Product FinderというAmazon商品に数多くのフィルタリングをして商品を抽出できる機能です。有料版のみの機能となります。

設定できる項目がたくさんあって好きなようにフィルターをかけられますが、逆に何でもできるので使いこなすのは大変かもしれません。

ここでは、ライバル調査に便利な「セラーID検索」を紹介しておきます。

まずはAmazonのページから、ライバルセラーのページに飛びます。モザイクがかかっていて見にくいですが、マーケットプレイスの画面からライバルのセラー名をクリックします。

 

セラーの詳細ページが表示されますので、URLの一番最後のA******というところをコピーします。これがセラーIDです。

 

セラーIDをコピーしたら、次はKeepa公式ページから「Data」タブを選択します。

 

次に「Product Finder」タブをクリックします。英語表記ばかりで意味がわからない場合は、ページまるごと翻訳しましょう。

 

ページをまるごと翻訳する場合には、拡張機能のGoogle翻訳を使います。拡張機能を導入すると、以下のように表示されますので、クリックして「このページを翻訳」をクリックします。

 

日本語で表示されるので、理解がしやすくなります。

 

Seller(日本語表示の場合は「売り手」)という項目があるので、先ほどコピーしたセラーIDをペーストします。ペーストしたら「FIND PRODUCT」をクリックします。

 

すると、セラーが出品しているすべての商品を見ることができます。

 

商品名のところがリンクになっているので、クリックすると変動グラフが見られます。

 

このグラフはAmazon商品ページに表示されるものと同じです。

 

価格変動やランキンググラフなどを見られるので、ライバルセラーがどんな商品で稼いでいるのか分析するのに役立つし、そのままトラッキング対象リストに登録も可能なので便利です。

 

ASINリストからまとめてリストアップする機能(Product Viewer、有料版のみ)

Product Viewerは、ASINリストなどからまとめてKeepa上でリスト表示させる機能です。有料版限定です。

Keepa公式ページから、「Data」タブ→「Product Viewer」をクリックします。以下の項目にASINを直接入力するか、ASIN情報を記載したテキストファイルをアップロードすることで、Keepa上で商品が見られるようになります。

 

例えば以下のようにASINを入力してみました。2つの商品のASINですが、ASIN同士がくっついていても認識してくれるようです。

 

入力したASINデータに基づくリストが表示されます。商品名をクリックします。

 

おなじみにグラフが表示されます。ここでも価格変動を見たり、トラッキング登録ができたりします。

すでになんらかのリストを持っている人がKeepaを新たに導入するときに使うと便利だと思います。

 

売れ筋ランキングのリストアップ機能(Best Seller Lists、有料版のみ)

Best Seller Listsは、Amazonの売れ筋ランキングをリストアップする機能です。こちらも有料版のみです。

Keepa公式ページにアクセスし、「Data」タブ→「Best Seller Lists」を選択して、リストアップしたいカテゴリを選択します。

 

「おもちゃ」カテゴリを選んでみると、以下のように売れ筋ランキングが表示されました。

 

「100 rows」と書かれた箇所をクリックすれば、表示させる商品の数を変更できます。最高で5000位まで表示可能。

 

上位セラーの表示機能(Top Seller List、有料版のみ)

Top Seller Listは、レビュー数が多い上位セラーを表示させる機能です。こちらも有料版のみの機能。

Keepa公式ページにアクセスし、「Data」タブ→「Top Seller Lists」を選択すると、レビュー数が多いセラーが上から順に表示されます。

 

「Selling primarily」をクリックして、抽出したいカテゴリ名などを入力することで、カテゴリ別のランキングを表示させられます。

 

表示するセラーの数は最大で100,000なので、レビュー数が2桁くらいのセラーまで表示することができます。

 

気になるセラーを発見したら、Product Finderに入力して分析すると良いかもしれません。

 

カテゴリーツリー機能(実質有料版のみ)

Category Treeは、カテゴリーをツリー表示させて、Product FinderやBest Seller Listsに飛べる機能です。

無料でも使えますが、無料版のProduct FinderやBest Seller Listsは表示数が少なすぎるので、実質有料版のみという感じです。

使い方は、「Data」タブ→「Category Tree」とクリックして、以下のように表示させます。

 

ツリー表示の中からカテゴリーを選択し、Product Finder、Best Seller Lists、Amazonのカテゴリページに飛ぶことができます。

 

リスト機能は、AmazonのページにアクセスしなくてもKeepaのページのみで完結するので、作業簡略化には役立つかなと思います。

 

スマホでもグラフ表示は可能

店舗せどりなどでもKeepaを使いたいという人もいると思いますが、スマホでもKeepaのグラフは見られます。

普通にスマホからKeepaの公式ページにアクセスし、メニューから検索を選択します。ASIN、JANコードなどを入力すれば、グラフが表示されます。

 

有料版を登録しているなら、ログインすることでランキングの変動グラフも表示できます。

 

ASINやJANだけでなく、日本語検索も可能です。

 

Keepa無料版は必須。有料版も1ヶ月試してみるのがおすすめ

Keepa無料版は全せどらーが使うべき必須ツールです。無料なので導入しない理由がありません。

Keepa有料版についても、モノレートが閉鎖されて代替ツールを探しているなら導入をおすすめします。

1ヶ月1,900円とせどりツールの中でもかなり安い方なので、悩むくらいならまずは使ってみてください。

使いものにならなかったら1ヶ月で解約すればいいだけです。

参考:Keepa公式ページ