2020年6月30日にモノレートが閉鎖しました。

モノレートはせどりの必須ツールだったので、せどらーにとって非常に衝撃的な出来事でした。

詳しい経緯なんかはモノレートのサイトを見ればわかりますが、Amazonの規約に反するという理由のようです。

参考:モノレート | お知らせ

 

モノレートは閉鎖しましたが、モノレートの開発元はWatchbell(ウォッチベル)という新しいツールをリリースしました。

モノレート開発元だから、モノレートみたいな機能があるのか?と気になる人も多いと思います。

結論をいうと、モノレートみたいに使うことはほぼできません。まったく別物です。

ただ、使い方次第ではモノレートっぽく使うこともできるような仕様にもなっています。

この記事では、そのあたりも含めてWatchBellがどのようなツールなのかをレビューします。

 

WatchBell(ウォッチベル)とは

WatchBellはAmazonせどり用の「データ可視化ツール」です。

開発元は、モノレートと同じインベイズ株式会社となっています。

プライスターやマカドなど、自動で最安値に価格を改定するツールもありますが、WatchBellは底値ではなく適値にしましょうというコンセプトです。

適値で売るために、商品のさまざまなデータを可視化して、徹底分析できるような情報を提供してくれるツールとなっています。

 

モノレートのようなグラフ表示機能

WatchBellでは、

  • 最安値の推移
  • Amazonランキングの推移
  • 出品者数の推移

をグラフ表示させることができます。

これはモノレートと同じような情報となります。

 

また、モノレートでもあった利益シミュレーターも使えます。

 

カート獲得率の推移グラフの表示機能

 

カート獲得率を、他の出品者も含めて表示させることができます。

カート獲得率の割合が多い他出品者を把握し、特徴などを掴むのに使えるかもしれません。

 

タグ機能

出品した商品に独自のタグをつけてグループ化し、管理できるようになっています。

他のツールではあまりない便利な機能だと思います。

 

データの分析や価格改定は自分でやる

WatchBellは適値を導き出すためのデータをわかりやすく表示させるためのツールです。

つまり出てきたグラフから、実際にデータの分析して適値を判断するのは自分です。

回転率重視ではなく、利益率重視の商品などに有効に使えそうです。

 

初心者が売り方を学ぶのに使える

せどりをする上では、どういう価格で売るかというのは素人と玄人の実力差が出やすい部分でもあります。

WatchBellはさまざまな推移データを見ることができるので、商品を高く売る実力を鍛えるために使うというのもありかもしれません。

開発者のヨーク書さんのツイートをみると、WatchBellのデータをどのように見ればいいのか、どのように使えばいいのかヒントが得られます。

 

Watchbell(ウォッチベル)はモノレートの代わりになるのか?

Watchbellはモノレートの代わりににはなりません。

さっきも書いた通り、モノレートのようなグラフを表示させることはできます。

ですが、WatchBellは、

  • 自分が出品した商品のデータしか見られない
  • Watchbellに登録した後のデータしか蓄積されない

という仕様のため、モノレートのように「全ての商品を過去何年も遡って表示させる」というようなことはできません。

 

あらかじめ大量に空出品しておけばモノレートのように使うこともできなくはない

モノレートのように使いたいのであれば、今後仕入れる可能性があるような商品をあらかじめ出品しておくという手はあります。

出品して以降にはなりますが、データは蓄積されていくので、利益率を考慮すれば仕入れ判断もできると思います。

もちろん実際は在庫がないので、価格をありえないくらいの高額に設定しておく、いわゆる空出品でということになります。

β版での仕様では4000SKU以下の出品者しか登録できないようになっていますが、正式版ではより多くの商品を出品できるようになると思います。

登録作業は大変ですが、とにかく登録しまくれば、モノレート化も夢ではないかもしれませんね。

 

Watchbell(ウォッチベル)β版が無料公開中

WatchBellはモノレートの代わりになるとは言い難いですが、それでも出品した商品のさまざまな推移データが見られるので導入の価値は高いと思います。

WatchBellで得られるデータをきちんと分析していけば、適値で売るための実力は鍛えられるでしょう。

Watchbellは現在β版が無料で公開されていますので、気になったらとりあえず登録してみれば良いかと思います。

「WatchBell」は、現在β運用中です。ユーザーを募集していますが、将来的には何らかの形で有料コンテンツとなりますのでご了承ください

β運用中に登録されたユーザーに対して、自動的に課金されたり、有料コンテンツに加入されることはありません

またサーバー側の負荷状況により、ユーザー募集は一時締切る可能性がございます

 

参考:WatchBell公式サイト