「マカド!」というAmazon販売の支援ツールを紹介します。

マカド!は前回紹介したプライスターとほぼ同じような機能をもったツールで、せどらーの中ではプライスターかマカドかという感じで人気を二分しています。

 

できることもプライスターとほぼ同じですが、マカドの機能をまとめると以下の通りです。

  • わかりやすいインターフェースでAmazon出品ができる
  • Amazonで出品している商品の価格改定が自動でできる
  • メルカリ、ヤフオク、楽天など電脳仕入れとの連携がラク
  • 売り上げや利益の管理ができる
  • 評価依頼メールの自動配信ができる
  • 月額4,980円と格安

こんな感じで非常に優秀なツールです。

 

マカドはユーザー数も多いですし、電脳せどりとの連携のしやすさに関してはトップレベルですね。

月商50万円を超えるような人とかそれくらいを目指す人であれば、導入することで作業はラクになるし売り上げもアップするでしょう。

稼いでいるせどらーで、こういった有料ツールを全く使ってない人はいないので、早く追いついて稼げるようになりたいから導入を検討するというのもありです。

マカドは30日間無料体験ができて、30日間以内に退会すれば費用は一切かからないので、まずは登録して試してみるのがいいでしょう。

プライスターと悩む人もいると思いますが、プライスターからマカドに乗り換えて利益が上がったという人もいるくらいなので、マカドを検討する価値も十分にありますよ。

 

 

 

 

 

マカド!とは

 

改めて書きますが、マカド!はAmazon販売の支援ツールです。

稼いでいるせどらーはだいたいマカドや、プライスターといった有料ツールを使っていますので、こういったAmazon販売支援ツールは導入しないと勝てないくらいです。

まずはマカド!の概要を簡単に説明します。

 

累計ユーザー数は5000人を超える

マカド!のこれまでのユーザー数は5,000だとされています。

これまでの合計で5,000なので、現状でどれくらいユーザーがいるのかはわかりませんが、全ユーザーの月の売り上げが50億円弱となっています。

全ユーザーの総売上が月に150億円のプライスターと比べると約1/3くらいなので、ユーザー数も1/3くらいと見積もって2500人くらいではないでしょうか。

プライスターと比べると少ないものの、推定2,500人ものユーザーを抱えていると考えると、かなり大きなサービスだといえます。

 

安心して利用できるレベルだと思っていいでしょう。

 

他社に先駆けて便利な機能を実装している

マカド!は、プライスターに比べると後発のサービスとなりますが、プライスターよりも早く、便利な機能を実装している実績があります。

例えば、以下の子アカウントを作れる機能なんかがそうです。

 

子アカウントというのは、「アクセス権限を絞ったアカウント」のことで、制限付きで自分のアカウントページにアクセスができるようになります。

子アカウントを作っておくと出品や発送などの作業を外注するときに非常に便利です。

マカド!では、この子アカウント機能が2018年に実装されています。

プライスターも、マカド!をおそらく真似して、子アカウント機能が2019年に実装がされました。

 

他にも、マカドにはメルカリ・ヤフーショッピング・楽天の商品ページに1クリックで飛べるボタンがついてたりするのですが、この辺りもそのうち真似されるのではないかと思っています。

 

というわけでマカド!は後発サービスではありますが、ユーザーのニーズに関する嗅覚はプライスターに勝るとも劣らないと言えるでしょう。

とにかく早く画期的な機能を使いたいという人は、マカド!を選択した方が良いのかもしれません。まあ最終的には好みの問題になりますが。

 

Amazonで公式に紹介されているツールなので安心感がある

 

マカド!はAmazonの公式ページでAmazon出品サービスとして紹介もされています。

Amazonは規約に厳しいことで有名ですが、マカド!はAmazonに公式に認められているので、急にマカド!が使えなくなることはないので安心して使えます。

 

ざっくりまとめると、マカド!はユーザー数も多く、他社に先駆けた機能開発が魅力な有力ツールということになります。

 

ツールとしての完成度は高いので、まあ間違いない部類です。

 

マカド!の主な特徴

では具体的にマカド!を導入することでできるようになる機能について紹介していきます。

マカド!には本当に多くの機能が備わっていて、公式ページで紹介されている機能一覧を数えたら42個も機能があるようです。

 

全部紹介するとページが足りないので、ここでは主な特徴だけに絞って紹介します。

 

Amazon出品が簡単にできる

マカド!を導入すると、マカド!のわかりやすいインターフェースでAmazon出品ができるようになります。

Amazonセラーセントラルから出品したことがある人はわかると思いますが、Amazonの出品画面は非常に使いづらいですよね。

以下の動画を見てもらえば、マカド!で出品するのがいかにシンプルで簡単かわかります。

 

マカド!を導入すれば、わかりにくいAmazonセラーセントラルには基本的にログインする必要がなくなります。

 

価格の自動変更ができる

マカド!を導入することで、出品している商品の価格を自動変更できるようになります。

 

マカド!の自動価格改定はいろいろな設定にすることもできて、

  • 最安値をキープ
  • 同コンディションの最安値に価格合わせ
  • 最安値より何円・何%値下げ、値上げ

など商品毎に細かく設定分けも可能です。

ただ安値を狙うだけではなく、Amazonの出品を無視したり、赤字ストッパーなど突然の価格暴落時への防御も万全です。

 

さらに、価格変更をしない時間帯というのを設定することもできます。

深夜や早朝など、価格に追随してもどうせ売れない時間帯というのはありますので、そういう時は価格改定をストップし、価格の下落を防ぐことが出来ます。

 

マカド!では最安値より1円(いくら安くするかは設定可能)安くするという設定ができます。

最安値と同じ価格ではなく、常に単独で最安値をキープできるので、商品が売れやすくなります。

これはプライスターにはできません。

最安値より1円安くするのは、価格競争になって相場が下落するリスクもありますが、とにかく商品を早く売りたいなら有効な手法です。

 

売り上げや利益が自動計算されデータ管理ができる

マカド!では、Amazon出品して購入されていった商品が自動的に利益計算され、在庫データが管理されるようになっています。

詳しい機能は以下の動画で確認できます。

 

エクセルなどを使って同じような管理をしている人もいるかもしれませんが、商品ごとの売れ行きなど細かいデータを管理するのは大変です。

マカド!ではデータの管理はもちろんですが、売れた商品の傾向分析などにも使えるので、売り上げを伸ばしていくためのヒントを掴むこともできるでしょう。

 

評価依頼メールの自動配信機能

 

マカド!には、商品を購入したユーザーに自動で評価依頼メール(いわゆるサンクスメール)を送ってくれる機能もあります。

購入者は、マーケットプレイスから購入する場合には、評価が高い出品者から購入するのが普通なので、ユーザーからの評価がかなり大事です。

でもユーザーは自ら進んで評価などしてくれないので、出品者からメールを送って、評価してくれるように依頼をするのが普通です。

 

マカド!では、めんどくさい依頼メールを商品が売れたら自動で配信してくれるのです。

これによってマカド!ユーザーは評価をためやすく、評価が貯まれば売り上げアップに貢献してくれます。

 

電脳せどり・ネットショップ仕入れとの連携が取りやすい

マカド!は、ネットショップとの連携がしやすくなっていて、とても便利です。

出品した商品は、メルカリ・ヤフーショッピング、楽天へのリンクボタンが作られるので、1クリックでネットショップにアクセスができます。

マカド公式ブログより

 

さらにヤフオクとはしっかりと連携していて、「ヤマド!」という独自サービスを展開しています。

 

あらかじめ設定しておいた粗利率から、仕入れ値を自動計算してくれる機能が便利ですね。

 

現状ではプライスターでもここまでしっかりとネットショップ連携はできてないので、マカド!のもっとも優れた機能の一つなんじゃないかと思います。

 

マカド!の料金

マカド!はこれだけ機能がついているのですが、月額4,980円で利用ができます。

 

しかも30日間は無料で試せて、かつ30日以内に解約すれば費用は一切かかりません。ノーリスクで試せるので、まず体験してみない理由がありません。

 

 

 

マカド!のメリット

マカド!を導入することで得られるメリットについて紹介します。

 

せどり・転売にかかる作業が楽になる

マカド!を導入すれば、

  • 在庫管理
  • 価格改定
  • Amazon出品
  • ネットショップ仕入れ
  • サンクスメールの送信

などなど、せどり・転売にかかるさまざまな作業がとても楽になります。

これで月額4,980円なので、事務員を雇うのと比較すると導入メリットは本当にすごいです。

 

売り上げが上がる

マカド!を導入すると、売り上げが上がります。

 

作業がラクになるので時間が余り、仕入れに費やせる時間が増えます。

さらに自動価格改定によって商品が売れやすくなるので、キャッシュフローが改善されて、仕入れにお金を回せるようにもなります。

仕入れにお金がどんどん使えるようになるし、商品もどんどん売れるようになるので当然売り上げが上がっていきます。

 

作業がラクになるから有料ツールを導入するというのも間違いではありませんが、本質的な部分は全て売り上げアップにつなげるためだということです。

マカド!を導入すれば、数をこなすほどに売り上げが複利効果でどんどん積み上がっていきます。

 

ライバルせどらーと同じ土俵に立てる

マカド!もしくはプライスターは、せどらーでは使ってない人がほとんどいないくらい有名なツールです。

せどりや転売を行っていれば、他の出品者はみんなライバルです。

そんなライバルたちが使っている武器を自分だけ使わないで勝てるほどせどり・転売は甘くはありません。

まあ全くの初心者だと機能を持て余す可能性はありますが、それでも稼げるようになりたいならツール導入は検討した方が良いです。

 

マカド!のデメリット

では反対にデメリットも挙げてみます。

とはいえ基本的にものすごく便利なツールなので、導入する上でのデメリットはほぼありません。

まあ一応、デメリットとして考えられる点については書いておきたいと思います。

 

ライバルツールの方が優れている面もある

例えばマカド!のライバルツールであるプライスターの話をしますが、プライスターと比較するとやや劣る部分もあります。

プライスターはスマホアプリを公式にリリースしていて、管理や出品などの機能をスマホでも簡単に使うことができます。

プライスターのアプリはリサーチ機能も優れていて、特に店舗仕入れには便利です。

マカド!には専用アプリはありませんので、スマホアプリを使いたいという人にとってはデメリットになります。

 

また、プライスターはユーザー数がおそらくマカド!の3倍くらいいます。

 

これは、ユーザーの総売上が約3倍なので、そこから概算した数値です。

ユーザー数が多いということは、それだけ儲かるしユーザーの声もたくさん聞けます。

費用やユーザーからの需要を新機能の開発に生かせるということになるので、こういった面でもやや不利です。

 

ただ、全部が全部マカド!の方が劣っているかと言われるとそういうわけではありません。

先ほども書きましたが、現状では電脳仕入れ機能は突出していますし、他にも子アカウント機能などプライスターに先駆けて実装された機能などもあります。

 

さらに、これは好みの問題にもなりますがマカド!では最安値より1円安くするという機能がついていますがプライスターにはありません。

価格下落にも繋がるので一長一短ですが、とにかく回転率を重視するのであれば検討すべき機能ではあると思います。

 

なので、どうしてもスマホアプリがないと嫌だという場合でもなければ、マカド!がプライスターに比べて一概に劣っているとも言えません。

 

月額4980円がかかる

強いてデメリットとして挙げると、マカド!の導入には月額4980円がかかります。

 

ただ、初心者のうちは悩むかもしれませんが、マカド!導入で得られるメリットを考えると全く高くは無いです。

メリットの方で書いたように、マカド!導入で作業は楽になるし売り上げ向上に繋がるので、すぐ4980円は回収できるようになると思います。

初期投資としてマカド!を導入して、作業のモチベーションを上げるというのもありかもしれません。

 

30日間の無料体験でとりあえず試してみるべき

マカド!は、30日間無料体験することができます。

30日の間に解約すれば費用は一切かからないので、まずは試してみるのが良いでしょう。

 

ただし、マカド!を使うにはAmazon出品用アカウントが大口アカウントでないとできませんので注意してください。