【なぜ?】Amazonで垢BANされる原因9選!削除までの流れや復活方法を解説

ゆうきのアイコン画像ゆうき

Amazonで垢BANされるケースがあるって本当?
もし垢BANされたらどう対処したら良いの?

「Amazonを利用して突然垢BANされた…」そんな声を聞いたことってないですか?購入者や出品者がトップクラスに多いAmazonでは、このような垢BANの事例が増加しています。

そもそも垢BANとは、アカウントが停止または削除されることで利用禁止になること。特に、Amazonを度々利用するユーザーにとっては非常に脅威なんです。

今この記事を読んでいるあなたも、垢BAN対象になる可能性はゼロではありません。だからこそ、垢BANになる原因やその対処法をきちんと理解しておく必要があるのです。

そこで今回は、Amazonの垢BANについて網羅的に解説していきます!Amazonで垢BANにならないために、ぜひこの記事を参考にしてください!

目次

前提知識:Amazonの垢BANには2種類ある

まずは前提知識として、Amazonの垢BANには2種類あることをおさえておきましょう。

  1. アカウント停止
  2. アカウント閉鎖・削除

①アカウント停止

1つ目はアカウント停止です。

アカウント停止というのは文字通り、アカウントの利用が一時停止されること。つまり、完全に削除されたわけではなく、要件さえ満たせば再起できる可能性が大いにある段階です。

アカウント停止になるとできなくなることは以下の通り。

  • 新規購入・出品の停止
  • FBAへの納品停止
  • 売上金の入金停止
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

ただし、停止されるわけですから一定期間は購入および販売ができなくなると考えておきましょう。

②アカウント閉鎖・削除

そして2つ目は、アカウント閉鎖・削除です。

文字からも分かると思いますが、アカウント停止よりも非常に重いペナルティです。というか、閉鎖・削除された場合、そのアカウントは二度と復活させられません。つまり、事実上のアカウント利用禁止になってしまうんですね。

アカウント閉鎖・削除となった際に受ける主な影響はこちら。

  • 該当するアカウントが今後一切利用できなくなる
  • FBA在庫が返送される
  • 売上が90日間ロックされる

特に出品者アカウントが垢BANされた場合、突然売上がストップしてしまうわけですからとても大きな痛手に…。絶対にアカウント閉鎖・削除といった事態にさせない運用が大切です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

「新しいアカウントを作れば良いじゃん」と思うかもですが、該当アカウントと同じ情報での再登録はできないので注意しましょう。

Amazonで垢BANに至る流れ

Amazonで垢BANになる利用者は、口を揃えて「いきなり垢BANになった」と言いますが、実は垢BANに至るまでには以下の流れがあります。

  1. Amazonアカウントの警告・審査
  2. Amazonアカウントの停止
  3. Amazonアカウントの閉鎖・削除

①Amazonアカウントへの警告・審査

まずは、Amazonアカウントへ警告もしくは審査がされます。

特に出品者アカウントの場合は、取り扱う商品に問題があるとメーカー・ブランドから警告がされます。この警告を無視すると、運営に対して対抗したと判断され、対応が厳しくなってしまうので注意しましょう。

また、新規の出品者アカウントに対しては、購入者にとって安全な販売業者であるかを審査がされます。具体的には、約30日間ほど出品制限をかけたり売上の一部を一時的に受け取れなかったりという措置が取られます。

ちなみに、審査対象となるアカウントは主に以下の通り。

  • 過去の販売履歴が不足
  • 複数の購入者から商品未配達が報告
  • 出品者アカウントの追跡情報が無いもしくは無効
  • 出品パターンに過度な変化の発見
  • リスクの高い商品の出品
  • 重要な出品者情報の記載漏れ
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

警告・審査はアカウント停止の一歩手前を意味しているので注意しましょう。

②Amazonアカウントの停止

そして、警告や審査の後にはアカウント停止があります

先述した警告を無視したり、審査中に何か問題があったりするとアカウント停止の措置が取られます。もちろん、アカウント停止の原因はこの2つに限りませんが、まず警告や審査を受けたら問題について向き合って早めの解決に努めましょう。

アカウントの停止になると、購入や出品といったメインの操作ができません。非常に不便な状態となるので、早めの改善は必要不可欠です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

後述しますが、この段階ならまだ復活の余地があるのですぐに改善を図りましょう。

③Amazonアカウントの閉鎖・削除

さらに、ひどいケースではAmazonアカウントの閉鎖・削除に至ります

例えば、Amazonアカウントの停止状態を放置させたり、購入者や運営に対して大きな影響を与える行為をしたりといった場合に削除される可能性があります。

この段階になると、アカウントを復活させることは不可能です。Amazonから今後一切商品が買えない、販売ができないため、人によっては人生に大きな影響があるといっても過言ではありません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

最悪の場合、一発でアカウントの閉鎖・削除に至るケースもあるので注意しましょう!

Amazonで垢BANされる9つの原因(理由)

では、一体何をしたら垢BANの対象になってしまうのでしょうか?その原因は大きく9つ考えられます。

  1. 購入した商品の大量キャンセル・返品
  2. 不正Amazonギフト券の使用
  3. 複数アカウントの所持・運用
  4. Amazon規約の違反
  5. 偽ブランド商品の販売(真贋調査)
  6. 出品制限・出品規制商品の販売
  7. カスタマーレビューの操作
  8. 各指数の低下・上昇
  9. 法律違反

①購入した商品の大量キャンセル・返品

購入者アカウントにおいて、購入商品の大量キャンセル・返品は垢BANの原因です。

Amazonは購入者に寄り添ったサービスであり、返品・交換のハードルは低めに設定されていますが、もちろん何でもかんでもキャンセル・返品をしていいわけではありません。

なぜなら、運営と出品者に対して不要なキャンセル・返品業務が発生してしまうから。相手の仕事に明らかな支障をきたす迷惑行為は当然罰せられる対象です。

購入意思がないのに注文する、故意に大量の商品をキャンセルするといった行為は悪質であるため、垢BANに繋がってしまうことはおさえておきましょう。

②不正Amazonギフト券の使用

Amazonギフト券の不正入手・使用を行った場合も、垢BANの対象です。

これはAmazonが正式に注意喚起を促しており、amatenやアマオク!、giftissueをはじめとするAmazonの未承認サイトで転売されるAmazonギフト券の中には不正取得されたものである可能性があるようです。

そして、Amazonは不正取得の疑いがあるギフト券については、無効化および所持者のアカウント停止を行っています。これは所持者が認識していたかどうかは関係ありません。だからこそ、所持および使用には細心の注意を払う必要があります。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

Amazonギフト券は公式かコンビニといった正規ルートで購入しましょう。

③複数出品者アカウントの所持・運用

次に、複数アカウントの所持・運用です。

購入者アカウントは複数作成しても問題ありませんが、出品者アカウントは2個以上作成できません。

それについてはAmazonの規約に記載があります。

2つ目のアカウントを開設するビジネス上の正当な理由があり、すべてのアカウントが問題なく運用されている場合を除き、出品する地域ごとに維持できるセラーセントラルアカウントは1つのみです。いずれかのアカウント運用に問題がある場合は、すべてのアカウントの問題が処理されるまで、すべての出品用アカウントが停止されることがあります。

出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項

きちんとアカウント停止になる旨も記載がありますね。よって、正当な理由がない限り2つ以上のアカウント作成はリスクが高いと言えます。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

基本的に2つ以上のアカウントは必要ないので、1つだけ作成してください!

④Amazon規約の違反

もちろん、Amazon規約に違反した場合も垢BANの対象となります。

膨大な数の利用規約がありますが、登録する際に全ての規約には一度目を通しておきましょう

特に陥りやすいミスとして、Amazonのポリシーにも記載のある住所変更依頼が挙げられます。住所変更依頼とは、出荷前の段階で購入者から住所変更の依頼を受けることを指しますが、この要望を受けただけで規約違反です。

なので、Amazonセラーセントラルにも記載がありますが、もし住所変更依頼を受けた場合は一度注文自体のキャンセルをするように促しましょう。

⑤偽ブランド商品の販売(真贋調査)

偽ブランド商品の販売および真贋調査の対象となると、垢BANになる恐れがあります。

真贋調査とは?

出品している商品が本物か偽物かをチェックすること。偽物もしくは商標権を侵害する商品を取り扱っていると調査対象に入ります。

当たり前ですが、偽物の商品を扱っていればその時点で垢BANです。しかし、最近では新規開設された出品者アカウントを対象にランダムでチェックに入るケースもあります。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

アカウントの新規作成から1年未満のユーザーは、販売規制を目的にランダムで真贋調査が入る可能性があることはおさえておきましょう。

⑥出品制限・出品規制商品の販売

そして、出品制限。出品規制商品の販売も垢BANになります。

あくまでも制限・規制商品であり、禁止されているわけではありませんよって、許可さえ取得できれば販売可能ですが、無許可で販売すると垢BANの対象になるので注意しましょう。

なお、Amazonが指定している主な出品制限商品はこちら。

  • 酒類
  • 動物または動物を材料とした商品
  • 自動車
  • 医薬部外品や化粧品
  • 通貨や硬貨、現金同等品
  • 栄養補助食品
  • 医薬品
  • 武器または武器を模した商品
  • 食品と飲料
  • アダルト商品
  • 不快感を与える商品
  • Amazon デバイスや修理・メンテナンス用アクセサリ商品
  • 電化製品・電子機器
  • レーザー商品
  • 盗品
  • 医療機器とその関連商品
  • 植物や種子製品
  • リコール対象商品
  • タバコやタバコ関連商品
  • 化学物質や農薬、肥料
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

たくさんの商品が対象となっているので、きちんと確認しておきましょう。

⑦カスタマーレビューの操作

カスタマーレビューの操作も立派な垢BAN対象です。

カスタマーレビューとは、Amazonでの商品購入にあたってチェックされる口コミのこと。購入者にとって重要な機能ですが、これを販促目的で書き込むことや、ユーザーを装って競合の評価を下げるような投稿することなどは禁止です。

当たり前と言えばそれまでですが、自由に書き込める分、少しでも良く見せたいと考える出品者もいるかもしれません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

こういったレビューの操作は、購入者の不利益をもたらしかねないので絶対にやめましょう。

⑧各指数の低下・上昇

出品者アカウントでは、きちんと運用していてもパフォーマンスが悪いと運用を継続できません。

ビジネスでやっている以上、顧客満足度にはこだわる必要があります。もし、ユーザーから不満の声が出てしまうとAmazonの評価も下げてしまいますし、メリットは何ひとつありません。

ですから、Amazonは出品者アカウントに対して一定の基準を設けています。

  • キャンセル率:2.5%未満
  • 出荷遅延率:4%未満
  • 注文不良率:1%未満
  • 追跡可能率:95%以上

これらの基準に対して緑・黄・赤の3色で示され、黄色が2つ赤色が1つ表示でアカウント停止一歩手前になってしまいます。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

Amazonで商品販売をするなら、売上や顧客満足度にコミットしましょう。

⑨法律違反

最後は、法律違反です。

Amazon販売において関係のある法律は、ザッと洗い出してもこちらのようにいくつもあります。

  • 知的財産権
  • 特定商取引法
  • 商標権
  • 薬事法
  • 著作権
  • 所有権

これらの法律違反をすると刑事罰に発展してしまうため、一発でアカウント閉鎖になります。普通に運用していれば、法律に触れることはまずありませんが「これは法律に触れないだろうか?」と考えながら行動していくことが大切です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

法律違反は、自分の人生にも多大な影響を与えますから注意しましょう。

AmazonのアカウントがBANされないための対処法3選

続いて、AmazonのアカウントがBANされないための対象法を3つ紹介していきます!

  1. Amazon利用規約を入念にチェックする
  2. 購入者の満足度を意識した出品をする
  3. Amazonのアカウント健全性を小まめに確認する

①Amazon利用規約を入念にチェックする

まず、Amazonの利用規約を隅々までチェックしましょう。

正直な話、Amazonの利用規約を守っていれば、基本的に垢BANされることはありません。もし、違反していないのにも関わらず垢BAN対象にされたら、はっきりと異議を唱えられるはずです。

しかし利用規約を理解していないと、あなたにも落ち度があった可能性もゼロではなくなってしまうんですね。

Amazonの利用規約をきちんと確認しておいてこそ、垢BANのリスクを最小限におさえられるわけです。

②購入者の満足度を意識した出品をする

出品者アカウントを運用していくなら、購入者の満足度を意識した出品活動を心がけましょう

具体的に意識してほしいことは以下の通り。

  • 検品を徹底する
  • 自己配送ではなくFBAに納品する
  • コンディションの良い商品を扱う

また、垢BANの原因でもある真贋調査の対象になる可能性があるため、アカウント作成後1年間は新品コンディションで出品しないことも大切です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

出品者アカウントのほうが垢BANリスクが高いため、気をつけて運用しましょう。

③Amazonのアカウント健全性を小まめに確認する

Amazonのアカウント健全性をこまめに確認しておくことも欠かしてはいけません。

実を言うと、先ほど紹介した出品者のパフォーマンス状況については、アカウント健全性から確認できます。ですからこまめにチェックしておくことで、もし黄色になったとしても即座に改善策を打ち出せるでしょう。

アカウント健全性確認手順

  1. セラーセントラルのホームページを開く
  2. パフォーマンスからアカウント健全性をクリックする

たったの2ステップで確認できます。安心できる状態を作るためにも、こまめな確認を怠ってはいけません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

自分の出品アカウントは大丈夫だろうか…と不安になる前に確認しておきましょう!

Amazonのアカウントが垢BANされたら復活できる?

最後に、Amazonのアカウントが垢BANされた際に復活できるのかどうか紹介します。

ズバリ結論から言うと、アカウント停止された場合のみ復活のチャンスがあります。完全に削除された場合は復活できません。

ですから、アカウント停止の段階なら諦めずに復活させる方法を実践することが大切です。

ちなみに、アカウント停止された時の復活方法は改善計画書を提出することそしてAmazonの運営とのやり取りを丁寧かつ誠実にすることが絶対条件です。

改善計画書に盛り込む内容

  • アカウント停止の原因
  • 具体的な改善内容
  • 改善策の実施日
  • 改善策の効果
  • 真摯な謝罪文

ただし、ここまでやったからと言って必ず復活するとは限りません。だからこそ、復活できるまで諦めずに何度も挑戦して行きましょう。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

アカウント停止を放置しておくと、閉鎖や削除といった措置に変わってしまうので絶対に途中で諦めてはいけません!

まとめ:Amazonは垢BANされないように利用しよう!

というわけで今回は、Amazonの垢BANに関する原因や対処法などについて詳しく解説しました。

Amazonで垢BANされる主な原因と対処法についておさらいしましょう。

垢BANの原因9つ

  • 購入した商品の大量キャンセル・返品
  • 不正Amazonギフト券の使用
  • 複数アカウントの所持・運用
  • Amazon規約の違反
  • 偽ブランド商品の販売(真贋調査)
  • 出品制限・出品規制商品の販売
  • カスタマーレビューの操作
  • 各指数の低下・上昇
  • 法律違反

3つの対処法

  • Amazon利用規約を入念にチェックする
  • 購入者の満足度を意識した出品をする
  • Amazonのアカウント健全性を小まめに確認する

最低限これらの原因と対処法をおさえて、垢BANにならないうように気をつけてくださいね。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

Amazonを活用するにあたっては、購入者・出品者問わず安全なアカウント運用を心がけましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる