せどりの販売先(売る場所)はどこがおすすめ?メルカリ・Amazonをはじめ厳選紹介!

  • URLをコピーしました!

せどりの販売先に迷ってるんだけど、売る場所ってどこがいいんだろう?

せどりの作業において、売上に直結するのが出品作業。そんな出品作業において重要なのは、どの販売先(売る場所)で売るかという点です。

というのも、メルカリ・Amazonなどそれぞれの販売先によって手数料や作業のしやすさなどが変わってきたり、適した商品が変わってきたりするから。そのため、自分の状況や出品したい商品などによって最適な販売先を選んでいきましょう。

とはいえ、せどりをやるうえでどの販売先が良いのかという判断は難しいですよね。そこで今回は、せどりにおけるおすすめの販売先や具体的な選び方などについて解説していきます!

目次

せどりの販売先にはどんな種類があるの?

ふうげつ

まずは、そもそもせどりの販売先にはどんな種類があるのかについて解説していきます!

種類としては主に以下4種類があるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

  1. ECサイト
  2. フリーマーケットサイト
  3. オークションサイト
  4. 海外のECサイト・オークションサイト

①ECサイト

まず紹介するのはECサイトです。ECサイトは「Electronic Commerce」の略で「Eコマース」とも呼ばれており、日本語に訳すと「電子商取引」という意味。 簡単に言うと「ショッピングができるWebサイト」のことで、主にAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングやebayといったネットショップがECサイトにあたりますね。

こうした大手ECサイトは小売店などの店舗が出品しているイメージが強いかもしれませんが、せどりの販売先としても利用できます。さらに、大手ECサイトによっては在庫管理や発送代行などをおまかせできるサービスがあるので、せどり作業の負担を軽減してくれるのも嬉しいポイント。

信頼感のある大手ECサイトで販売したい人や、業務の一部外注化してせどりの作業を効率化したい人にとってはかなりおすすめの販売先といえるでしょう。

②フリーマーケットサイト

2番目に紹介するのは、メルカリやPayPayフリマなどのフリーマーケットサイト(フリマサイト)です。

これまでのフリーマーケットは、主に不用品の販売先として会場にブースを作って出店するオフラインの形が一般的でした。しかし、現在ではオンラインでのフリーマーケットとして、メルカリをはじめとするフリマアプリ・フリマサイトが主流となり、せどりの代表的な販売先としても人気のプラットフォームとなっています。

フリマサイトの特徴は、商品の写真と簡単な概要を掲載してスマホで出品するだけの手軽さと、商品が売れるまでのスピードが比較的はやいというスピード感という2点ですね。

ふうげつ

せどり初心者がお試しで取り組むのにもおすすめなので、まずは手元にある不用品をフリマサイトで売ってみて、商品が売れる感動を体験しましょう。

③オークションサイト

3番目に紹介する販売先の種類は、「ヤフオク!」をはじめとするオークションサイトです。フリマサイトと同じく誰でも手軽に出品できますが、値段の付け方は少々特殊なのが特徴ですね。

オークションサイトにおける商品の値段は、変動していくのが基本です。最初は出品時に自分で希望価格を設定しますが、購入希望者が入札していく度に価格は上がっていき、最高値で落札した購入者が商品を購入できるというシステムとなっています。

こうしたオークションサイトはせどりの販売先としての相性も良く、特に需要の高いプレミア商品などはオークションサイトにぴったりで、予想以上の高利益を見込める可能性もあります。

④海外のECサイトやオークションサイト

せどりの販売先の種類として最後に紹介するのは、eBayなどの海外のECサイトやオークションサイトです。

海外のサイトは、国内と比較にならないくらい利用者数が多いのが大きな特徴ですね。利用者数が多いということは、それだけ人が集まります。あなたの商品が売れるチャンスが大きく広がるので、仮に今すぐ出品するのが難しくても将来的にぜひ検討したい販売先です。

ただし、一方で注意点もあります。それは、海外サイトを利用する際はすべての言語が英語などの海外仕様になるということ。当たり前ですが、出品に関する事務手続きや発送先手続きなども外国語で行う必要があるので、最低限の語学力や知識がないと海外サイトでの販売は難しいでしょう。また、円安時は有利、円高時は不利といった為替の影響を考慮する必要もあります。

使用されている言語が日本語ではないこともあり、せどり初心者が海外サイトで販売するのはあまりおすすめしません。強いていうと、留学経験のある人やもともと語学力がある人にはおすすめだと言えるでしょう。

せどりのおすすめ販売先4選

せどりの販売先に関する種類がわかったところで、各種類から1つずつおすすめの販売先を厳選して紹介していきます。

  1. Amazon
  2. メルカリ
  3. ヤフオク!
  4. eBay
ふうげつ

商品などに合わせて売る場所を変え、最適な販売先に出品していきましょう!

①Amazon

せどりの販売先として、最もおすすめなのはECサイトのAmazonです。せどりの販売先としては王道で、せどらーならほぼ全員が利用していると言っても過言ではないでしょう。Amazonがせどりの販売先として人気な理由は主に以下2点です。

  • 利用者数が多く、商品が売れやすい
  • 便利なFBAサービスが使える

Amazonは、数ある販売先の中でも国内トップクラスの利用者数を誇ります。特にせどり初心者なら、利用者数が多く売れやすいAmazonを販売先に選ぶのがおすすめ。さらに、商品を預けるだけで発送やお客様対応などを代行してくれる便利なFBAというサービスを使えるのもAmazonを利用するメリットです。

Amazonで販売するせどりのやり方については以下の記事にまとめているので、販売先としてAmazonの利用を検討している人はぜひご覧ください↓

②メルカリ

次に、フリマサイトにおいておすすめの「メルカリ」について紹介します。メルカリは国内最大規模のフリマサイトとして知名度も高く、利用者数も多いのが特徴。利用者数が多いと売れやすいのは前述した通りですが、メルカリにはそれ以外の魅力もあります。

メルカリの魅力は、出品・梱包・発送を手軽にできることですね。スマホ1台で簡単に出品できるので、せどり初心者が最初に取り組むせどりとしてぴったりです。また、メルカリには新品同然のものがかなり安く売られていることもあるので思わぬ掘り出し物に出会うことも。販売先としての利用だけでなく、お得な仕入先としても使えます。

ただし注意点として、出品した商品が売れた際には手数料として販売額の10%が差し引かれてしまうのを覚えておきましょう。また、送料を出品者持ちにしていると手数料だけでなく送料も差し引かれるので、価格設定の際は手数料や送料を引いても利益が残る金額にするのをおすすめします。

出典:メルカリの手数料

メルカリを利用する際は、楽天市場で仕入れてメルカリで販売する方法がおすすめ。具体的なやり方は以下の記事に書いているので、参考にしてみてください↓

③ヤフオク!

3番目に紹介するのは、オークションサイトにおけるおすすめの販売先「ヤフオク!」です。ヤフオク!はYahoo!が運営している大手オークションサイトで、プレミア商品をお得に売る場所としてはぴったり。希少価値が高まっているなどの場合、相場より高値で売れることもあります!

ちなみに、「ヤフオク!」で商品が落札された際には手数料として「落札システム利用料」がかかるのですが、以下のようにYahoo!プレミアム会員かどうかで手数料に若干の差があるのを覚えておきましょう。

落札システム利用料
Yahoo!プレミアム会員落札価格の8.8%(税込)
Yahoo!プレミアム会員登録なし落札価格の10%(税込)
出典:ヤフオク!ヘルプ

上記の通り、Yahoo!プレミアム会員ならお得にヤフオク!を利用できます。「Yahoo!プレミアム会員」は月額508円(税込)で利用できるサービスですが、会員になるとYahoo!ショッピングなどの買い物やYahoo!関連のサービスの利用でポイントも貯まるので、普段からYahoo!を利用する人にとってはかなりメリットになるはずです。

④eBay

4つ目のおすすめ販売先は、アメリカを拠点とした海外のオークションサイト「eBay(イーベイ)」です。eBayは利用者数が世界最大規模を誇る超大型のオークションサイトで、日本人の利用者数も海外サイトの中では比較的多いのが特徴ですね。

なぜ日本人利用者数が多いのかと言うと、eBayは中学生レベルの簡単な英語が理解できれば操作できるようなわかりやすいシステムを採用していて、日本人でも使いやすいから。なるべくストレスなく利用するためにも、システムのわかりやすさは重要です。

海外サイトでは語学力や為替の知識など通常のせどりではあまり使わない部分のスキルや知識が必要ですが、そういった面で問題なく対応できそうなのであればせどりの幅を広げる意味でもおすすめな販売先と言えるでしょう。

せどりの販売先はどう選べばいい?

ここまでの解説でどのような販売先があるかがわかったかと思いますが、最後にどういった基準で売る場所を選べばいいのかについて解説していきます。選び方は以下3つの方法がおすすめなので、それぞれ詳しく解説していきますね。

  1. 本気で稼ぎたいなら「Amazon」一択
  2. 諸経費を抑えたいなら「メルカリ」or「ヤフオク!
  3. 海外で手に入らない人気商品を売るなら「eBay」

①本気で稼ぎたいなら「Amazon」一択

まず、「せどりに本腰を入れて取り組んで本気で稼ぎたい」という人が選ぶべきなのは、Amazon一択です。というのも、Amazonの市場は国内最大規模となっており、老若男女問わず幅広い年齢層・性別のユーザーが利用しているので商品全般を売るのに最も適した販売先だからですね。

そのため、せどりで出品する際は、まずAmazonをメイン販売先として押さえておくのが必須です。その上で、「Amazon+α」という形で商品や利用シーンに応じて他の売る場所を検討するというのが基本の形となるでしょう。

とはいえ、慣れないうちからいくつもの販売先で出品しようとすると混乱してしまったり管理しきれなくなってしまったりといった懸念があります。なので最初の販売先はAmazonのみに特化して、慣れてきたらその他の販売先も検討していくのがおすすめです。Amazonを販売先としたせどりを行うなら、Amazonせどりの完全マニュアルを読んでみてくださいね。

②諸経費を抑えたいなら「メルカリ」or「ヤフオク!」

一方で、なるべく経費を抑えてせどりに取り組みたいという人には「メルカリ」か「ヤフオク!」がおすすめ。Amazonの場合、たしかに大きく利益を上げられる可能性を秘めていますが、以下3つをはじめ様々な手数料が発生します。

  • 販売手数料:送料含めた商品代金の8%〜45%
  • FBA配送代行手数料:193円〜
  • FBA在庫保管手数料:5.160円〜
  • 小口出品の利用料:100円/商品
  • 大口出品の利用料:4,900/月

出典:出品にかかる費用

FBAを利用するか否か、小口出品にするか大口出品にするかなど様々な条件によって諸経費の金額は変動しますが、少なからず経費がかかってしまうのがAmazonです。

一方で、前述した通り「メルカリ」は手数料として販売額の10%、「ヤフオク!」はYahoo!プレミアム会員だと落札価格の8.8%(税込)のみとなっています。

総合的に見ると、「メルカリ」か「ヤフオク!」の方が諸経費を抑えて少額から手軽に始めたいせどり初心者にはぴったりだと言えるでしょう。

③海外で手に入らない人気商品を売るなら「eBay」

最後に、海外で手に入らない人気商品を売るなら販売先として「eBay」を選ぶのが良いでしょう。国内で出品してもあまり売れないような商品でも、海外に市場を移した途端に売れることがあります。

というのも、日本人ならいつでも買えるような商品でも、海外からだと欲しくてもなかなか買えないという状況が発生するからですね。ポイントは、海外でも売っているような商品ではなく、あくまで日本製の商品に絞って出品することです。

日本製の商品の中で何を売ればいいのかについては、実際にeBayのサイト内で検証するのがおすすめです。頻繁に売れているような商品があれば、実際に数個でいいので仕入れて販売してみましょう。

ふうげつ

物によっては、100円ショップで売られている日用品などの安価で仕入れられる商品でも売れるチャンスがあります!

まとめ:せどりの販売先は「Amazon+α」がおすすめ!

というわけでこの記事では、せどりにおけるおすすめの販売先や売る場所の選び方などについて解説しました!

結論として、せどりにおいて本気で稼いでいきたいなら「Amazon+α」の販売先を選ぶのがおすすめです。メインの販売先としてAmazonに主軸を置きつつ、商品や状況に応じてメルカリやヤフオク!などの販売先を取り入れる形が最もバランスが良いですね。

せどりにおいて、売る場所をしっかり考えることは重要です。自分がどんな商品を扱う予定で、どの販売先が自分にとって最適かを考慮したうえで売る場所を選んでいきましょう!

最後まで読んでくれたあなたに朗報

ふうげつ

僕の公式LINEに登録してくれた人限定で、年商3,000万円超えの僕が生み出したオリジナルノウハウを無料プレゼントしています!

おもちゃのみを扱い、平均利益率30〜40%を目指せるノウハウです。完全無料ですので、以下のバナーから詳細をチェックして今すぐお受け取りください↓

投資型おもちゃせどりのノウハウは、ここでしか手に入りません。せどりに関するお役立ち情報も随時配信していますので、ぜひ今すぐ登録してみてくださいね!

\ 今すぐ特典を受け取りたい方はこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次