Amazonせどりの始め方を3ステップで紹介!初心者必読の完全ガイド

ゆうきのアイコン画像ゆうき

Amazonせどりの始め方が分からない…。

せどりビジネスの中でも、最もベーシックなのがAmazonせどり

Amazonせどりとは、実店舗やECサイトから商品を仕入れてAmazonで販売する物販ビジネスのことです。

Amazonは、圧倒的なユーザー数を誇ることから商品の売れやすさもピカイチ。正直な話、Amazonを使いこなせなければ、せどりでは稼げないと言っても過言ではありません。

そこで今回は、Amazonせどりの始め方やおさえておくべきポイントについてご紹介していきます!

この記事を書いた人

ふうげつ(@sedori_fugetsu

せどりで稼いでいきたい方必見!

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

僕の公式ラインでは、せどりで稼ぐためのノウハウや仕入れに役立つお得情報を限定配信しています!ここでしか見れない情報が盛り沢山なので、ぜひ覗いてみてください!

▼今すぐ無料ノウハウをGETする

目次

Amazonせどりを始める前に理解しておくべき基礎知識

まず、Amazonせどりを始める前に理解しておくべき5つの基礎知識を紹介していきます!

  1. 出品者用のアカウントが必須
  2. 出品プランは「大口出品」と「小口出品」の2つ
  3. 販売には手数料がかかる
  4. Amazonは入金サイクルが特殊
  5. 中古品の取り扱いには古物許可証がいる

①出品者用のアカウントが必須

Amazonで商品販売をするためには、出品者用のアカウントが必須です。

ゆうきのアイコン画像ゆうき

アカウントなら商品を購入する用で1つ持っているけど…。

と思われた方もいるかもしれませんが、商品購入に使うアカウントは購入者用のアカウントです。購入者用のアカウントでは商品販売できません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

出品者アカウントの作成については後述していきますので、確認して作成しましょう!

②出品プランは「大口出品」と「小口出品」の2つ

Amazonには、大口出品小口出品という2種類の出品プランがあります。

出品プランは、出品者用アカウントの作成時に選択する必要があり、それぞれの特徴は事前に把握しておかなければなりません。大口出品と小口出品の特徴は、それぞれ以下の通り。

大口出品小口出品
月額料金4,900円なし
基本成約料なし1商品当たり100円
カタログにない商品の新規登録×
レポートを活用した在庫管理×
レポートを活用した注文管理×
マーケットプレイスサービスの利用×
Amazonによる配送料設定×
出品者による配送料の設定×
出品の停止機能×
ショッピングカートボックス×
出品関連における追加機能の利用×

Amazonで物販ビジネスを加速させるなら、機能面で充実した大口出品一択です。ただし、月間商品販売数が49個未満なら、小口出品にしておくとコストが抑えられるでしょう。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

各出品プランの特徴をきちんとおさえて、どちらかにするか決めておきましょう!

③販売には手数料がかかる

Amazonで商品販売するにあたり、基本プラン以外に手数料がかかる点も把握しておかなくてはいけません。

Amazonで発生する主な手数料は以下のとおり。

  • 販売手数料(カテゴリー別)
  • 特別販売手数料(ホーム&キッチン・文房具・オフィス用品・TVゲーム・食品&飲料)
  • カテゴリー別成約料(本・CD・レコード・DVD・ビデオ)
  • 大量出品手数料(出品数が月間200万点以上の場合)
  • FBA手数料(FBAを利用する場合のみ)

よって、商品の仕入れには手数料分も加味したうえでの利益計算が必須です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

いくら手数料がかかるのかは商品ごとに異なるため、事前に確認しておきましょう!

④Amazonは入金サイクルが特殊

Amazonでは、楽天市場やYahooショッピングとは違い、出品プランごとに特殊な入金サイクルが採用されています。

原則として、Amazonでの入金サイクルは以下のとおり。

大口出品の場合アカウント作成日から14日ごと
小口出品の場合都度振り込み申請が必要

大口出品の入金日は、アカウント作成日から14日ごと。つまり、1ヶ月に2回入金があります。

なお、入金予定日はセラーセントラルのペイメントレポートにて逐一確認できますが、表示されている入金日に必ずしも入金されるとは限りません。というのも、Amazonの支払処理から銀行口座への入金まで最長で5営業日かかるからです。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

とはいえ、もし入金日に入金されなくても数日後に入金されるケースがほとんどです!支払処理に時間がかかることだけ把握しておきましょう。

⑤中古品の取り扱いには古物商許可がいる

Amazonせどりで中古品を取り扱うなら古物商許可が必要です。

そもそもAmazonに限らず、中古品を販売するためには営業所を管轄する都道府県公安委員会からの許可がなければいけません。そして許可が下りた際に付与されるのが古物商許可証です。

もし古物商許可なしで中古品の取り扱いを行った場合、違法となります。

中古品の取り扱いを検討している人は、必ず古物商許可を取得してから取り組みましょう!

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

たとえ新品でも、一度第三者の手に渡った商品は基本的に古物扱いですので注意してください!

Amazonせどりの始め方3ステップ

それでは、Amazonせどりの始め方を紹介していきます!

Amazonせどりの始め方3ステップ

  1. 登録に必要なものを準備する
  2. 出品者用のアカウントを作成する
  3. 商品を仕入れて出品する
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

順番にチェックしていきましょう!

①登録に必要なものを準備する

まず、Amazonの出品者アカウントへの登録に必要なものを準備します。

Amazonの出品者アカウント作成に必要なものは以下の7つ。

  1. 顔写真入り身分証明書
  2. クレジットカード
  3. 銀行口座
  4. メールアドレス
  5. 電話番号
  6. 各種取引明細書
  7. 登記簿謄本

なお、登記簿謄本は法人登録時のみ必要なものであり、個人なら必要ありません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

個人登録なら、登記簿謄本を除いた計6つのものを準備しておきましょう!

②出品者用のアカウントを作成する

次に、出品者用アカウントを作成していきます。

出品者用アカウントの新規作成は、こちらのページ下部にある「Amazonアカウントを作成」を選択すると行えます。

具体的な作成手順は以下の通りです。

  1. 法人か個人事業主を選択
  2. 出品者情報の入力
  3. クレジットカード情報の入力
  4. ストア情報の入力
  5. 本人確認書類のアップロードで登録完了
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

出品者用アカウントの作成手順は下記の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考に進めてみてください!

③商品を仕入れて出品する

出品者用アカウントの作成が完了したら、いよいよ商品を仕入れて販売していきます。

「商品を仕入れて販売する…」と端的に言いましたが、販売に至るまでにも様々な作業が発生します。

商品仕入れから販売までの主な作業内容

  • 商品ジャンルの選択
  • 仕入れ先店舗の決定
  • 利益が狙える商品のリサーチ
  • 商品の納品作業
  • 商品の発送作業・返品対応(FBAを活用しない場合)

特に、仕入れる商品のリサーチは入念に行わなければいけません。当然ですが、売れないまたは利益の出ない商品を仕入れても、売上はほとんど立たないからです。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

商品ジャンルの選定から販売までの流れは、こちらの記事を参考に作業を進めてください!

Amazonせどりを始めるにあたりおさえておくべきポイント

最後に、Amazonせどりを始めるにあたって、おさえておくべきポイントを2つ紹介します!

  1. 本気で取り組むなら「FBA」の利用が必須
  2. 効率良く売るためには「カート取得」する必要がある

①本気で取り組むなら「FBA」の利用が必須

まずAmazonせどりを本気で取り組むなら、FBAの利用は必須です。

出典:フルフィルメント by Amazon(FBA)

FBAとは、商品の発送や在庫管理、返送、お客様返品をAmazonに代行してもらえるサービスのこと。FBAの利用には別途手数料が発生しますが、作業コストは大幅にカットできます。

FBAを利用しない場合は、基本的に全て自分で対応しなければなりません。出品数が増えれば当然作業量も多くなるため、仕入れ作業に手が回らない可能性も出てくるでしょう。

以上を踏まえて、僕はAmazonせどりに取り組むならFBAを必ず利用すべきと断言します!

ただし、FBAにはいくつか禁止商品が設定されています。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

禁止された商品は出品しないように気をつけながら、FBAを活用しましょう!

②効率良く売るためには「カート取得」する必要がある

そして、商品を効率良く売るためにはカート取得をする必要があります。

カートとは、ショッピングカートボックスのこと。Amazonの商品ページには「カートに入れる」ボタンがあり、ユーザーはここから商品購入する方が大半です。

そして「カートに入れる」から商品購入されると、実はカートを取得した出品者の商品が優先的に売れていくんですね。つまり、カート取得さえできれば大きな売上が見込めるわけです。

Amazon販売において、カートが取得できない商品は売れないと言っても過言ではありません。

なおカートを取得するためには、いくつかの条件があります。

  • 大口出品のみ
  • 競争上有利な価格設定(最安値)
  • 注文不良率・キャンセル率・出荷遅延率の低さ
  • 在庫の維持
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

カートを取得して効率良く商品販売していくためにも、これらのポイントは必ず意識して取り組んでいきましょう!

まとめ:Amazonせどりの始め方を実践して最高のスタートを切ろう!

というわけで今回は、Amazonせどりの始め方やおさえておくべきポイントについて解説しました。

Amazonせどりは、せどりの中で最も基本的な手法です。

店舗せどりや電脳せどり問わず、Amazonを販売先に設定するケースは多く、しっかりと使いこなせなければ稼げません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

物販ビジネスで最高のスタートを切るためにも、Amazonせどりを第一に攻略していきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる