店頭やネットで商品を仕入れて、アマゾンで販売するのがせどりです。

一般的にせどりを行ってる人の大多数がこのパターンです。

もちろんアマゾン販売だけでなく、

ヤフオクや他の販路で販売しても問題ありません。

仕入れた値段より高く売って利益を出すのが目的なので

柔軟な思考でいきましょう。

初心者がせどりを始めるために必要な物

せどりを始めるにあたって、まずアマゾンで出品できるように登録します。

  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 銀行口座

この3つが必要です。

※出品登録は、クレジットカードとメールアドレスがあれば

登録出来るのですが売り上げが振り込まれる銀行口座も

一緒に登録しておきましょう。

仕入用のクレジットカードを用意する

国内で発行されたカードならブランドはどこでも問題ありません。

国際ブランドが付いていればデビットカードでも大丈夫です。

その場合は必ず残高が0円にならないように注意しましょう。

本人認証の為と、売り上げがマイナスになった場合に使われます。

 

なんで売り上げがマイナスになるの?

って思ったあなたは目の付けどころがいいですね。

販売手数料など売り上げから差し引かれるのですが、売り上げよりも販売手数料(返金など)が多かった場合に売上がマイナスになるので、クレジットカードから支払われます。

専用のメールアドレスを用意する

アマゾンからの連絡などがこのアドレスに届きます。

販売通知なども届くので、

専用のアドレスを取得することをオススメします。

フリーメールで問題ありません。ふうげつはGメールを使っています。

専用の銀行口座を用意する

売り上げが振り込まれる口座です。

お小遣い稼ぎや副業で始める場合でも

専用の口座を用意することを強くオススメします。

 

専用の口座を用意する理由はせどり以外の入出金が増えると儲かってるのかどうかが分かりにくくなります。

また確定申告の時に作業が煩雑になってしまします。

そのため普段使ってる口座で始めるのは極力避けた方がいいです。

 

仕入れに使うカードの支払いもこの専用口座から引き落とすようにしましょう。

ネットバンクはコンビニATM手数料無料などのサービスがあるので使いやすい銀行を探してみましょう。

初心者がせどりを始めるためにアマゾンへ出品者登録をしよう

まずアマゾンのサイトへアクセスしてください。

Amazonで出品 というリンクがあるのでそこから登録に進めます。

ここでは登録手順は割愛させてもらいまが、

15分くらいで登録できるでしょう。

出品者登録するにあたって、

大口出品者と小口出品者の二つから選択するのですが

最初は小口出品でも問題ありません。

小口出品

基本料金はかかりませんが、売れた商品1点毎に基本成約料100円がかかります。

一部、出品が出来ないカテゴリーがあります。

また小口出品の最大のデメリットがカートが取れないということです。

カートとは個別商品ページのトップに表示されることで、一番売れやすい状態です。

売れやすい状態になりにくいので、せどりで稼いでいく気があるなら大口出品をオススメします。

 

※一時期、小口出品から大口出品に変更できない時期がありました。

現在は解除されて小口出品から大口出品に変更できますが、変更したいタイミングで変更できないのはストレスになるので最初から大口出品にしておいた方が良いでしょう。

大口出品

基本成約料はかかりませんが月額4900円(税別)がかかります。

月50点以上販売すれば大口出品の方が手数料が安くなります。

最初からバリバリ売ってやるっていう方は大口出品でスタートしたらいいと思います。

FBA(フルフィルメント by amazon)の登録

アマゾンの出品者登録が完了したらFBA登録も一緒にやっておきましょう。

FBA(フルフィルメント by amazon)とは、アマゾンの倉庫に納品しておけば注文が入ったら自動で発送してくれるサービスです。

倉庫に納品すれば保管手数料が掛かりますが、利用しなければ費用は掛からないので何の心配もありません。

これで出品する準備が整いました。

あとは商品を仕入れてきて販売するだけです。

初心者がせどりで稼ぐ!アマゾン出品準備編まとめ

  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 銀行口座

この3つを用意して出品者登録するだけなのでとても簡単です。

初心者の方の多くが月額4900円(税別)がもったいないと言って小口出品で登録する方が多いのですが、せどりビジネスを有利に進めていくための必要経費です。

 

せどり以外もそうですが、稼げてない人はお金をかけず無料で稼ごうとしてる人が多すぎます。

無駄な経費は使う必要ありませんが、最低限かけるべき費用は使わないと稼ぐことは難しいです。

せどりの認知度が上がってきて実践者が増えてるので稼いでる人と稼げてない人の2極化が進んでいます。

せどりをお小遣い稼ぎととらえてる人も多くいますが、ビジネスとしてやってる人も多くいるので最低限は装備をそろえて戦う必要はあります。

ビジネスはプロとアマチュアが同じ土俵で戦っています。

自分がアマチュアだと思っているなら相応の工夫は必要ですよ。

せどり初心者が稼ぐための準備、店舗の探し方~仕入れまで