【暴露】ビームせどりは禁止?おすすめアプリや目立たないやり方も紹介

ゆうきのアイコン画像ゆうき

ビームせどりって禁止になったの?
今でもできるならやり方を知りたい…。

せどりでは商品を仕入れて販売する必要があるわけですが、商品のバーコードを読み取って商品をリサーチする方法があります。それがビームせどりです。

商品のバーコードを読み取るスマートフォンアプリも数多く出ており、作業が手軽にできるため店舗せどりを行っているならビームせどりは欠かせません。

ただし、最近ではビームせどりを禁止する店舗も増えており、活用できるシーンが減っていることも事実です。

そこで今回は、ビームせどりの禁止に関する真相やバーコードスキャンができるおすすめアプリ、目立たないやり方についても紹介していきます!

ビームせどりが気になっている方はぜひご参考ください。

この記事を書いた人

ふうげつ(@sedori_fugetsu
目次

そもそもビームせどりとは?

そもそも、ビームせどりとは具体的にどんなせどりなのでしょうか。

ビームせどりとは?

商品バーコードをスキャンして読み取り、商品の売れ筋や相場を確認したうえで仕入れ判断を行える手法のこと。実店舗での商品仕入れで活用します。

なお、基本的にビームせどりは以下のようなバーコードリーダーと呼ばれるアイテムで商品のバーコードをスキャンして行います。

商品を検索する際に商品名やコードを手入力すると面倒に感じますが、ビームせどりならスキャンするだけなのでほとんど手間はかかりません。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

バーコードから仕入れに必要な情報を入手できるので、作業の効率化が図れるのです!ここにテキストを入力

ただし、価格が4万円前後と非常に高いため、初期費用であるとは言えども導入をする前に要検討すべきです。

ビームせどりが禁止されてるって本当?

とはいえ、バーコードリーダーを持ち歩いて店内を散策していれば、店員に怪しまれない可能性もゼロではありません。

現に、ブックオフなどの店舗では、実際に注意書きでバーコードリーダーや類似するアイテムの使用が禁止されている店舗はたくさんあります。

禁止にしていない店舗であっても、店員から注意をされる可能性は十分に考えられます。繰り返し注意されれば、出禁となるケースもあり得るでしょう。

また、せどりや転売が禁止されている店舗では当然ビームせどりも行えません。したがって、ビームせどりにはある程度の制限があるため、ルールやマナーの範囲内で行う必要があります。

悪用厳禁!ビームせどりの目立たないやり方

ゆうきのアイコン画像ゆうき

店員さんに気づかれないようにビームせどりをするにはどうしたら良いの?

という方向けに、ビームせどりの目立たないやり方について紹介していきます!

大前提として、ビームせどりやバーコードリーダーの利用を禁止している店舗でなければ問題なく行えます。

今の時代では、店内でスマートフォンを利用する方も多いので、スマートフォンのカメラ機能ならそこまで大きく目立つことはありません。

どうしても気になる場合は、スマートフォンの画面を暗めに設定して利用すると良いでしょう。

また、お店の店員に事前にリサーチする旨を伝えておくのもおすすめです。お店の許可さえ取れれば、集中して商品のリサーチを行えます。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

お店の許可がもらえない場合は、素直に引き下がりましょう。

ビームせどりにおすすめのアプリ5選

店舗せどりで稼ぐのであれば、効率アップのためにできればビームせどりを行いたいところ。とはいえ、バーコードリーダーは価格が高いため、中々手を出せない方も多いでしょう。

実は、ビームせどりができるのはバーコードリーダーだけではなくスマートフォンのアプリでも可能なのです。

そこで、僕がおすすめするスマートフォンアプリを5つ紹介します!

  1. せどりすと
  2. せどろいど
  3. デルタトレーサー
  4. プライスター
  5. Amazonショッピングアプリ
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

バーコードスキャンができるそれぞれのアプリについて詳しくみていきましょう!

①せどりすと

せどりすとは、iPhoneユーザー限定かつ無料で利用できるせどりの商品リサーチ専用アプリです。

商品のバーコードをアプリでスキャンするだけで、以下のような商品情報を調査できます。

  • 最安価格情報
  • ランク
  • カテゴリ
  • おすすめ度判定
  • 新品有無

なお、せどりすとにはせどりすとプレミアムという有料版もあり、無料版では利用できなかった機能も充実しています。

せどりすとプレミアムの追加機能

  • 商品の粗利計算
  • バーコード読み取りスピードの向上
  • せどりすとプレミアムからの即時出品

そのため、せどりで結果を出したいのであれば、せどりすとプレミアム一択しかありません

せどりすとプレミアムに関しての詳細はこちらの記事も参考にしてください!

②せどろいど

せどろいどは、せどりすとのAndroid版となるせどりの商品リサーチ専用アプリです。

商品のバーコードを読み込んで、商品カテゴリや最安値価格といった商品情報を取得できます。

なお、バーコード読み取り機能以外に搭載されている主な機能は以下のとおり。

  • 商品検索
  • 粗利計算
  • 仕入れおよび在庫の管理

せどろいどの機能はバーコードリーダーだけではないため、凡庸性が高く活用しやすいアプリと言えます。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

Androidユーザーは、せどろいどの利用を検討してみてください!

③デルタトレーサー

デルタトレーサーは、バーコードリーダーとしての機能と商品リサーチ機能がついたアプリです。

かつては無料版も利用できましたが、2021年1月で無料版のサービスが終了しているため、現在利用できるのは月額2,200円(税込)の有料版のみ。有料とはいえ、リーズナブルな料金設定なので使いやすさには長けていると言えます。

というのも、デルタトレーサーだけで商品のリサーチが完結してしまうからです。

デルタトレーサーで主にできることは以下のとおり。

  • 商品の売れ行きや相場確認
  • 見込み利益
  • 商品の出品数
  • 新品や中古品の販売状況
  • 各種Webサイトの表示
ふうげつのアイコン画像ふうげつ

月額2,200円で利用できるので活用しやすいアプリです!

④プライスター

プライスターは、価格改定ツールとして認知度の高いせどりツールです。

普段はの作業はパソコンやタブレットで行いますが、専用のアプリがあるため外出先でも手軽に利用できるのが特徴。現在ではAppleWatchにも対応しており、さらに利便性が増しました。

なお、プライスターでは価格改定ツール以外にも以下の機能が備わっています。

  • プライスターリサーチ
  • かんたん出品
  • 売上や手数料、粗利の自動計算
  • サンクスメール
  • リピート販売
  • 月間ランキング
  • ランキング&価格グラフ

実は、プライスターリサーチと呼ばれるサービスにバーコードリーダーの機能も搭載されています。つまり、仕入れ商品のリサーチから出品後の価格調整までプライスター1つで完結可能。

さらに、せどりすとプレミアムとの連動により、お互いの良いところを掛け合わせての活用も可能です。

ただし、月額5,280円(税込)とやや高めの料金設定となっているので、まずは1ヶ月間無料で使いやすさを確認したうえで有料プランを活用するようにしましょう!

⑤Amazonショッピングアプリ

実は、Amazonショッピングアプリにも商品のバーコードを読み込む機能が搭載されています。

Amazonショッピングアプリの魅力は、商品をカメラに写すだけで商品を認識できるカメラ機能や音声検索機能が備わっていること。わざわざバーコードをカメラに向ける必要がないため、商品検索がより簡単に行えます。

また、商品の評価や口コミを確認したり、購入する商品をリスト化できたりとAmazonを便利に使いこなす機能が満載です。

ふうげつのアイコン画像ふうげつ

Amazonを活用するなら、インストールしない手はありません!

まとめ:ビームせどりはマナーを守って行おう!

というわけで今回は、ビームせどりの禁止に関する真相やおすすめアプリ、目立たないやり方について解説しました。

結論として、ビームせどりを実際に禁止する店舗もありますが、現時点では全面的に禁止されているわけではありません

とはいえ、店員に注意されない可能性もゼロではないので、ビームせどりはきちんとルールやマナーを守って行う必要があります。

バーコードリーダーアプリは、店舗せどりの商品リサーチに欠かせないアイテムですので必ず用意しておきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる