【暴露】ビームせどりは禁止?おすすめアプリや目立たないやり方も紹介

1/31(火)まで限定価格でおもちゃ投資コンサルを募集しています。

ゆうき

ビームせどりって禁止になったの?
今でもできるならやり方を知りたい…。

せどりでは商品を仕入れて販売する必要があるわけですが、商品のバーコードを読み取って商品をリサーチする方法があります。それがビームせどりです。

今では、商品のバーコードを読み取るスマートフォンアプリも数多く出ており、作業が手軽にできるため店舗せどりを行っているならビームせどりは外せません。

ただし、最近ではビームせどりを禁止する店舗も増えており、活用できるシーンが減っていることも事実です。

そこで今回は、ビームせどりの禁止に関する真相やバーコードスキャンができるおすすめアプリ、目立たないやり方についても紹介していきます!ビームせどりが気になっている方はぜひご参考ください。

この記事を書いた人

ふうげつ(@sedori_fugetsu

せどりで稼いでいきたい方必見!

ふうげつ

僕の公式ラインでは、せどりで稼ぐためのノウハウや仕入れに役立つお得情報を限定配信しています。さらに今なら利益率30〜40%を目指せる「投資型おもちゃせどり」の入門マニュアルを無料プレゼント中!

年商3,000万円以上稼ぐふうげつが独自に生み出したオリジナルノウハウなので、ここでしか手に入りません。せどりでしっかり稼いでいきたいとお考えの方は、ぜひ今すぐGETしちゃってください!

\ 今すぐ特典を受け取りたい方はこちら /

目次

そもそもビームせどりとは?

そもそも、ビームせどりとは具体的にどんな手法なのでしょうか。

ビームせどりとは?

商品バーコードをスキャンして読み取り、商品の売れ筋や相場を確認したうえで仕入れ判断を行える手法のこと。実店舗での商品仕入れで活用します。

なお、基本的にビームせどりは以下のようなバーコードリーダーと呼ばれるアイテムで商品のバーコードをスキャンして行います。

商品を検索する際に商品名やコードを手入力すると面倒に感じますが、ビームせどりならスキャンするだけなのでほとんど手間はかかりません。

ふうげつ

バーコードから仕入れに必要な情報を入手できるので、作業の効率化が図れます!

ビームせどりが禁止されてるって本当?

とはいえ、バーコードリーダーを持ち歩いて店内を散策していれば、店員に怪しまれない可能性もゼロではありません。

現に、ブックオフなどの店舗では、実際に注意書きでバーコードリーダーや類似するアイテムの使用が禁止されている店舗はたくさんあります。

禁止にしていない店舗であっても、店員から注意をされる可能性は十分に考えられます。繰り返し注意されれば、出禁となるケースもあり得るでしょう。

また、せどりや転売が禁止されている店舗では当然ビームせどりも行えません。したがって、ビームせどりにはある程度の制限があるため、ルールやマナーの範囲内で行う必要があります。

ビームせどりを実施するメリット3選

それでは次に、ビームせどりを実施するメリットについて3つ紹介していきます!

  1. せどり初心者でも手軽にできる
  2. 1商品あたりのリサーチ時間を短縮できる
  3. リサーチして良い商品はその場で仕入れられる

メリット①せどり初心者でも手軽にできる

ビームせどりにおける最大のメリットは、初心者でも手軽にできること

やることは、商品のバーコードをスキャンするだけなので、難しい要素は一つもありません。動作自体は何も考えずともできるはずです。

商品の価格相場や売れ筋を簡単にチェックできれば、自ずと利益の出る商品を発見できるでしょう。

ふうげつ

初心者が店舗せどりを始めるなら、ビームせどりも取り組むべきです。

メリット②1商品あたりのリサーチ時間を短縮できる

また、1商品あたりのリサーチ時間も決して長くはかかりません

先ほども言いましたが、ビームせどりはバーコードを読み取るだけでリサーチできるので、作業の回転数を上げながら効率よく取り組めます

リサーチにかかる時間を節約できれば、他の作業に割ける時間も確保可能そうすれば全体の作業効率も上げられるでしょう。

ふうげつ

もちろん、商品数が増えれば増えるほどかかる時間も長くなりますが、それでも大きな時間短縮になりますよ!

メリット③リサーチして良い商品はその場で仕入れられる

そして、リサーチして良い商品はその場で仕入れられます

実店舗でリサーチしているので、当然利益が出る商品が見つかればその場で購入が可能。よって、リサーチから仕入れまでにかかる時間の間隔が圧倒的に短いです。

利益が出る商品が見つかっても実際に仕入れできなければ意味がありません。そういう意味では、ビームせどりは確実に仕入れまでできる手法であると言えるでしょう。

ビームせどりを実施するデメリット2選

一方で、ビームせどりを実施するデメリットは2つあります。

  1. 周りの目が気になって後ろめたさを感じる
  2. バーコードリーダーの価格が高い

デメリット①周りの目が気になって後ろめたさを感じる

まず、周りの目が気になって、後ろめたさを感じてしまうのが最大のデメリットでしょう。

当たり前ですが、店舗にいるのはあなただけではありません。店員はもちろん、お客さんもいます。時間帯によっては大人数になることもあるかもしれません。

バーコードリーダーを利用すると赤外線が出るので目立ちやすく、その点からも気になる人は多いでしょう。

ただそこで、周りの目が気になってコソコソ作業していると逆に怪しまれかねません。なので、気にしないメンタリティが必要です。

ふうげつ

禁止している店舗はあっても違法行為ではないので、安心してください!

デメリット②バーコードリーダーの価格が高い

また、バーコードリーダーの価格が高いのもデメリットの一つです。

バーコードリーダーは、商品のスペックにもよりますが、大体3,000円〜40,000円ほどの価格帯になります。なので、副業はもちろん、本業でも簡単に購入に踏み切れるものではないでしょう。

「3,000円なら安いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、バーコードリーダーの機能は決して多くはありません。資金に余裕がないと中々購入できるものではないでしょう。

ふうげつ

そこでおすすめなのがスマートフォンの商品リサーチアプリです!以降で詳しく紹介していきますが、バーコードリーダーはもちろん充実した機能を搭載しているものが多く、とても使いやすいですよ!

悪用厳禁!ビームせどりの目立たないやり方

ゆうき

店員さんに気づかれないようにビームせどりをするにはどうしたら良いの?

という方向けに、ビームせどりの目立たないやり方について紹介していきます!

大前提として、ビームせどりやバーコードリーダーの利用を禁止している店舗でなければ問題なく行えます。

今の時代では、店内でスマートフォンを利用する方も多いので、スマートフォンのカメラ機能ならそこまで大きく目立つことはありません。

どうしても気になる場合は、スマートフォンの画面を暗めに設定して利用すると良いでしょう。

また、お店の店員に事前にリサーチする旨を伝えておくのもおすすめです。お店の許可さえ取れれば、集中して商品のリサーチを行えます。

ふうげつ

お店の許可がもらえない場合は、素直に引き下がりましょう。

ビームせどりにおすすめのアプリ5選

実を言うと、ビームせどりはバーコードリーダー機能のついたスマートフォンアプリでも行えます。そこで、おすすめのアプリ5選を順番にみていきましょう。

  1. せどりすと
  2. せどろいど
  3. デルタトレーサー
  4. プライスター
  5. Amazonショッピングアプリ

①せどりすと

せどりすとは、iPhoneユーザー限定かつ無料で利用できるせどりの商品リサーチ専用アプリです。

商品のバーコードをアプリでスキャンするだけで、以下のような商品情報を調査できます。

  • 最安価格情報
  • ランク
  • カテゴリ
  • おすすめ度判定
  • 新品有無

なお、せどりすとにはせどりすとプレミアムという有料版もあり、無料版では利用できなかった機能も充実しています。

せどりすとプレミアムの追加機能

  • 商品の粗利計算
  • バーコード読み取りスピードの向上
  • せどりすとプレミアムからの即時出品

そのため、せどりで結果を出したいのであれば、せどりすとプレミアム一択しかありません

せどりすとプレミアムに関しての詳細はこちらの記事も参考にしてください!

②せどろいど

せどろいどは、せどりすとのAndroid版となるせどりの商品リサーチ専用アプリです。商品のバーコードを読み込んで、商品カテゴリや最安値価格といった商品情報を取得できます。

なお、バーコード読み取り機能以外に搭載されている主な機能は以下のとおり。

  • 商品検索
  • 粗利計算
  • 仕入れおよび在庫の管理

せどろいどの機能はバーコードリーダーだけではないため、凡庸性が高く活用しやすいアプリと言えます。

ふうげつ

Androidユーザーは、せどろいどの利用を検討してみてください!

③デルタトレーサー

デルタトレーサーは、バーコードリーダーとしての機能と商品リサーチ機能がついたアプリです。

かつては無料版も利用できましたが、2021年1月で無料版のサービスが終了しているため、現在利用できるのは月額2,200円(税込)の有料版のみ。有料とはいえ、リーズナブルな料金設定なので使いやすさには長けていると言えます。

というのも、デルタトレーサーだけで商品のリサーチが完結してしまうからです。

デルタトレーサーで主にできることは以下のとおり。

  • 商品の売れ行きや相場確認
  • 見込み利益
  • 商品の出品数
  • 新品や中古品の販売状況
  • 各種Webサイトの表示
ふうげつ

月額2,200円で利用できるので活用しやすいアプリです!

④プライスター

プライスターは、価格改定ツールとして認知度の高いせどりツールです。

普段はの作業はパソコンやタブレットで行いますが、専用のアプリがあるため外出先でも手軽に利用できるのが特徴。現在ではAppleWatchにも対応しており、さらに利便性が増しました。

なお、プライスターでは価格改定ツール以外にも以下の機能が備わっています。

  • プライスターリサーチ
  • かんたん出品
  • 売上や手数料、粗利の自動計算
  • サンクスメール
  • リピート販売
  • 月間ランキング
  • ランキング&価格グラフ

実は、プライスターリサーチと呼ばれるサービスにバーコードリーダーの機能も搭載されていますつまり、仕入れ商品のリサーチから出品後の価格調整までプライスター1つで完結可能。

さらに、せどりすとプレミアムとの連動により、お互いの良いところを掛け合わせての活用も可能です。

ただし、月額5,280円(税込)とやや高めの料金設定となっているので、まずは1ヶ月間無料で使いやすさを確認したうえで有料プランを活用するようにしましょう!

⑤Amazonショッピングアプリ

実は、Amazonショッピングアプリにも商品のバーコードを読み込む機能が搭載されています。

Amazonショッピングアプリの魅力は、商品をカメラに写すだけで商品を認識できるカメラ機能や音声検索機能が備わっていること。わざわざバーコードをカメラに向ける必要がないため、商品検索がより簡単に行えます。

また、商品の評価や口コミを確認したり、購入する商品をリスト化できたりとAmazonを便利に使いこなす機能が満載です。

ふうげつ

Amazonを活用するなら、インストールしない手はありません!

まとめ:ビームせどりはマナーを守って行おう!

というわけで今回は、ビームせどりの禁止に関する真相やおすすめアプリ、目立たないやり方について解説しました。

結論として、ビームせどりを実際に禁止する店舗もありますが、現時点では全面的に禁止されているわけではありません

とはいえ、店員に注意されない可能性もゼロではないので、ビームせどりはきちんとルールやマナーを守って行う必要があります。

ふうげつ

バーコードリーダーアプリは、店舗せどりの商品リサーチに欠かせないアイテムですので、必ず用意しておきましょう!

ふうげつブログの読者必見!せどりで稼ぎたい方は下記を要チェック!

僕の公式LINEでは、せどりで稼ぐためのノウハウ、役立つお得情報を限定配信しています。ここでしか見られない情報だけに有料かと思いきや、閲覧する条件は無料登録するだけ!

せどりで結果を出したいと強い思いのある方はお気軽に僕とLINEで友達になってくださいね!

1/31(火)まで限定価格でおもちゃ投資コンサルを募集しています。

最後まで読んでくれたあなたに朗報

ふうげつ

僕の公式LINEに登録してくれた人限定で、年商3,000万円超えの僕が生み出したオリジナルノウハウを無料プレゼントしています!

おもちゃのみを扱い、平均利益率30〜40%を目指せるノウハウです。完全無料ですので、以下のバナーから詳細をチェックして今すぐお受け取りください↓

投資型おもちゃせどりのノウハウは、ここでしか手に入りません。せどりに関するお役立ち情報も随時配信していますので、ぜひ今すぐ登録してみてくださいね!

\ 今すぐ特典を受け取りたい方はこちら /

目次